1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. 機電派遣コラム
  4. 疎かにできないクローズドネットワーク環境におけるウィルス対策

疎かにできないクローズドネットワーク環境におけるウィルス対策

機電派遣コラム この記事は約 4 分で読めます。

最近までネットに繋がれていないクローズド環境においてはウィルスのリスクは少ないと考えられてきました

特に製造現場ではそういう風潮が多いようで対策を取っていないところが多数ありました。

 

ところがUSBなどを介してウィルス感染が増加傾向にあるということで、クローズド環境でも感染リスクがあると言われています。

ではどのように対策をとるべきか、考えられるリスクを踏まえご紹介していきます

 

モノづくりの現場における感染リスク

コンピュータウィルスの脅威はネットからというのが最近までの通説でした。ですから、パソコンにはほとんどの企業がウィルス対策ソフトを導入しています。

しかし製造ラインなどはネットに繋がっておらずクローズド環境ということで、対策を取っていない業者が多かったのです。

 

そうした中、ウィルスの脅威はネットを媒介するだけではなくなりました。

いざ感染ともなると機器の不具合、情報漏えいによって顧客に多大な迷惑をかけることとなります

 

クローズド環境だから起こりうるリスク

クローズド環境での感染経路としてUSBメモリポータブルHDDなどが考えられます

USBメモリは製造現場でも多く見かけられ、社内でのデータの受け渡しや保守作業などで使われています。

そこからメールなどを介して情報が漏洩するという事例が度々報告されています。

 

ここにはクローズド環境ならではの弊害があり、ネットに繋がっていないため最新のウィルス対策がなされないのです。

もちろんCDROM等で更新もできますが、ネットの速度を考えますと万全の対策とは言えません。

 

クローズド環境のウィルス対策にはロックダウン型

製造現場のようなクローズド環境ではなかなか対策が取りにくいのですが、考えられる最良の手立てとしてロックダウン型のウィルス対策ソフトが挙げられます。

 

ウィルスバスタークラウドでおなじみのトレンドマイクロやシマンテックなどが取り扱っているロックダウン型のウィルス対策ソフトは、生産ラインなどの制御システムや組み込み機器に許可されたファイルのみ実行可能にするソフトなのでクローズド環境に強いといえます

またサポートが終了したWindows XPやWindows Server 2003にも有効ですので、更新がされていないところで活用できます。

 

製造現場でもウィルスの脅威はある

ウィルス対策ソフトなどをご紹介しましたが、まずはクローズド環境でもウィルスの脅威は身近にあるという認識が必要です

そして不用意に出どころの知れないUSBメモリやHDDを使わないよう作業者が徹底することが重要です。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の 注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • モノづくり系国家資格の登竜門、甲種危険物取扱者

  • 新興国メーカーの台頭が進むタイヤ業界!気になる世界のタイヤメーカー業績ランキング!

  • 企画してから売るまでがものづくり、いま営業力が求められている

  • 将来は有望?航空宇宙産業は本当に成長産業となり得るのか?

  • エンジニアなら知っておきたい!デジタル伝送データの誤り検出

  • 機械の基礎をゼロから造る!メカ設計の仕事とは

PAGE TOP