1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. 機電派遣コラム
  4. やめるべきか続けるべきか…技術者が陥る苦悩の機械設計と仕事内容

やめるべきか続けるべきか…技術者が陥る苦悩の機械設計と仕事内容

 2015/09/01 機電派遣コラム この記事は約 4 分で読めます。

製品の企画から組立に至る工程の仲立ちとなる設計部門

表舞台に立たない部門だからこそ、なかなか一消費者の観点では覗けない闇の部分があるようです。

機械設計の仕事に携わる前に事前知識として、その闇の部分も知る必要があると思います。

実際の設計に携わっている現場の方の声を交え、その闇の部分を紹介していきましょう。

 

まずは知ろう、機械設計という仕事とは

機械設計とは、企画されたアイデアを基にデザインや素材を鑑みてカタチにする仕事です。

求められるスキルはコンピューター上で製図するCADシステムのオペレーション、国際規格に順応するための法令の知識、そして関係各所と調整できるコミュニケーション能力などが挙げられます。

非常に多くのことを求められつつ、製品化における根幹を担うため、その責任はとても大きなものとなるのです。

ですから、重責に耐えられずその職を離れる方も少なくありません。

実際に機械設計者が抱える闇の部分に触れてみましょう。

 

機械設計従事者が抱えるダークサイド

決して楽とは言えない機械設計のお仕事。

実際働いている方の悩みをまとめてみました。

 

図面を見ても、それが立体的にイメージが出来ません。早く成長して自信をもって仕事をしたいのですが、何から手をつければいいのかわかりません。20代後半・経験4年・男性
日々の業務が多すぎて、毎日4~5時間残業をこなし、土日祝日出勤が続いております。上司に相談しても、不明な点は自分で調べろだとか、時間がかかるのは要領が悪いからだとか言われ、具体的なアドバイスもございません。30代後半・経験5年・男性
明らかに能力不足に感じます。求められる要求をこなせていません。はじめの2年間はそんなことなかったんですが、そこから成長できていないと感じています。20代後半・経験4年・男性

 

大体が勤務形態の辛さ、自分の能力に対する不信が多いようですね。

カタチの無いものからカタチを創るということで、悩みが芸術家っぽく感じますね。

 

それでも続けてよかった機械設計体験談

今まで機械設計の悪い面ばかりお伝えしてきましたが、壁を乗り越え成功を勝ち取った方もいます。

そんな方々の声をまとめました。

 

実際に現場に行き、自分の作ったものと対面するとモノづくりの楽しさを体感できます。30代前半・経験6年・女性
CADの勉強を始めて約9ヶ月でCADオペレーターの資格を取得しました。現在は携帯のバックライトの設計に従事しています。将来的には子育てしながら自宅で設計できればと思います。20代後半・経験1年・女性
ボルトひとつとっても、他より締めやすいと褒めてもらっただけで、飛び上がるほど嬉しかったです。40代前半・経験10年・男性

 

自分の仕事の成果がカタチになることで、やりがいを感じられるようですね。

女性の声が多いのも特徴的です。

 

まとめ

設計の闇の部分を紹介しましたが、辛いところは自分の設計の成果を直接触れることによって解消されるのかもしれませんね。

そういった意味ではやりがいを感じやすい仕事なのではないでしょうか。

いずれにしても、仕事を楽しむことは重要ですね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【溶接技術】金属と金属をつなぎ合わせる溶接技術者の凄さとは

  • 液晶や有機ELに代わる未来のディスプレイ「マイクロLED」とは?

  • スマート化で活躍の場が広がる産業用ロボット

  • エンジニアなら知っておきたい!デジタル伝送データの誤り検出

  • 機械設計エンジニアを夢見るということ

  • 電気設計はものづくり業界のトレンド。需要が増える電気設計士の魅力

PAGE TOP