1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. 意外と身近なIoT!UBERの仕組みはどうなっている?

意外と身近なIoT!UBERの仕組みはどうなっている?

IT/Web派遣コラム この記事は約 3 分で読めます。

loTの技術の普及により、新しいビジネスチャンスを手に入れるための競争は、各社で激化してくるでしょう。エンジニアとしても単に言われたものを開発するだけではなく、どこでどのような人々のニーズがあるか見極めて、技術を活かす方法を考えることも大切です。今回はタクシー配車アプリでお馴染みのUBERからIoT活用方法を考えてみましょう。

 

東京でも展開中!UBERってなに?

UBERはスマートフォンの機能を活用して、世界の各都市で展開されているタクシー配車アプリのことです。タクシー業界と競合しており、その市場を巡り話題になっています。携帯アプリやパソコンから現在地と特定して、現在いる場所にハイヤー、タクシーを呼ぶことを可能にしています。決済はアプリ内で行われ、その場で現金のことなど考える必要がないことも魅力の1つです。日本では東京都内においてサービスが展開されているので、機会があれば実際に利用してみてもいいかもしれませんね。

 

UBERのどこにloTが活用されているの?

UBERではどのようにIoTの仕組みが活用されているのでしょうか?まずタクシーやハイヤーを使いたい人が、スマホのGPS機能を使って現在地をUBERに通知します。するとGPS機能により、UBERに登録した車の中で最も近い車が選出されて、運転手に通知。最も近いドライバーの車が迎えにやってくるという仕組みです。これもスマートフォンを通じて、人と車を繋げているからこそ、実現しているloT活用アイデアの1つです。

 

UBERから学ぶべきloTの活用方法

loTは私たちの生活の中で、新しい需要と供給のマッチングを実現しています。例えば今回紹介したUBERであれば、タクシーに乗りたい人と空車状態のタクシー・ハイヤーのマッチングを、スマートフォンやインターネットの力で実現しています。このように人・モノがインターネットと繋がることで、それぞれの状況を把握することが容易になってきています。例えばその他にも現在普及しつつある、空き部屋のマッチングを行うAirbnbもIoT活用事例の1つですね。

 

IoT活用のために日常をよく観察してみよう!

UBER、Airbnbなど身近なところでloTを活用したサービスは存在しています。loTの活用により、空いているリソースの需要と供給をマッチングさせるビジネスが増えてくることが考えられます。エンジニアの皆さまにとっても、アンテナを張って新しいビジネスの種を探し続けることは大切かもしれませんね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Pythonってなに?初心者でもわかるPython入門

  • 「Office 365」導入のメリットはどんなもの?Office製品にもクラウド化・サブスクリプション化の波

  • 開発環境がエンジニアの武器。ローカル開発環境って何?

  • セキュリティエンジニアという仕事。業務内容や資格・スキルについて解説します!

  • 使うとどんなメリットがある?プログラミング言語の王様「Java」とは

  • 【2018年板】初心者にもおすすめのスクリプト言語と種類

PAGE TOP