トレンドニュース

  1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣>
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報>
  3. IT/Web派遣コラム>
  4. プログラマーとは?仕事内容や給料、キャリアパスをご紹介します

プログラマーとは?仕事内容や給料、キャリアパスをご紹介します

企業や一般の人たちが利用するWebサービスやアプリケーションなどは、利用のしやすさを求めて新たな開発が日々行われていますが、このとき欠かせない仕事がプログラマーです。どんな作業を主に担当するのか、将来のキャリアパスにはどんなものがあるのか、プログラマーの仕事内容について見ていきましょう。

活躍フィールドの広いプログラマーの仕事内容

会社の業務で使用するシステムやアプリケーションはもちろんのこと、家庭用のゲームやウェブサービスなど、パソコンやスマートフォンなどを使ったあらゆるサービスは「プログラミング言語」をベースにして動作しています。このプログラミング言語でコードを書き、プログラムを組むことで、システムやソフトウェアを開発していくのが、プログラマーの仕事です。

具体的な内容として、まずSEが設計した基本設計書をもとに、どのようにプログラミングを行うのか、アルゴリズムや使用する関数まで詳しく定めた詳細設計を行います。プログラミングは複数のプログラマーで担当を割り振りながら作業することも多く、誰が見ても分かるような詳細設計が必要となるのです。

詳細設計どおりに処理が実行されるよう、プログラミング言語を使用してコンピュータへの指示を組み立て、記述するのがプログラミングです。誤ったコードを記述してしまうと、思い通りに動かなくなってしまうので、1つ1つ正確に記述していきます。プログラミングが完了すると、1つのプログラムが単体で正確に実行できるかを確認する単体テストを行い、単体で問題がなければ結合テスト、システムテストと、システム全体でもしっかりとプログラムが動作するかどうかを確認していきます。

たとえ詳細設計書通りに組み上げたプログラムであっても、想定した通りに動作しない場合もあるため、プログラマーはシステムがしっかりと機能するように、何度もテストを繰り返してシステムを完成させます。

また一言でプログラマーと言っても、活躍する業界は幅広く、業界によっても仕事の対応範囲や使用するプログラミング言語も変わってきます。ここでは業界別に、仕事の特徴について説明していきます。

Webプログラマー
Webブラウザ上で利用できるWebサービスを主に作成するのが、Webプログラマーです。たとえばECサイトでは、商品を探すことができたり、顧客情報をデータベースに入力し管理したり、IDとパスワードを入力すると、会員情報を引き出せたりするようなプログラミングが施されています。このように、Webシステムのプログラムを開発しています。開発にはPHPやJava、Rubyといったプログラミング言語が主に用いられています。またこれらの言語に加えて、ページを表示させるためのHTMLやCSSの知識、他にもデータベースを操作する言語であるSQLの知識も必要です。Webシステムの開発で、よく使用されるデータベースの種類には、MySQL、PostgreSQL、Oracle、SQL Serverなどがあります。
アプリケーションプログラマー
PCやスマートフォンなどで動作するアプリケーションの開発に携わるプログラマーです。アプリケーションの目的によって、開発に用いられる言語も変わってきます。一般的に、Objective-CあるいはJavaといったプログラミング言語が使われることが多いようです。スマートフォンの場合、Androidは Java、iOSはObjective-CやSwiftが使われています。近年使われる機会が増えているのがPythonで、従来の言語と比較して、読みやすく・書きやすいその作業性の高さから、アプリケーション開発ではもとより、統計・解析分野でも多く活用されています。
ゲームプログラマー
ゲームソフトの開発を行うプログラマーです。プログラミングによってグラフィックデザイナーが描いたキャラクターを動かしたり、ゲームを進行させたりします。使用する言語としては、CやC++などが挙げられます。その他、ゲーム開発用のフレームワークであるUnityやCocos2d-xを使った開発や、C#、Java、Swift、PHP、Perlなどの言語を使うこともあります。
組み込み系プログラマー
家電製品や電子機器にも、小さなコンピュータが内蔵されています。炊飯器であれば温度を調整したり、お米の焚き上げ時間を制御したりするために使用されています。こうした電子機器に組み込むコンピュータのプログラミングを担当するのが組み込み系プログラマーです。組み込み系ではCやC++、アセンブラ、Javaといった言語が使用されています。
汎用機系システムプログラマー
銀行の金融システムといった大規模なシステムの開発や、企業の基幹システムの開発に関わるプログラマーです。汎用機系では主にCOBOLといったプログラミング言語が使われています。

プログラマーの平均年収は約430万円

プログラマーの年収は、20代で約370万円、30代で約480万円、40代が約550万円、そして50代が約590万円となっています。

もちろん、給料は業界や会社の規模によっても異なりますが、技術職であるため、どのようなプログラミング言語が使えるか、作業の正確さやスピードといったスキルによっても差が出てきます。

プログラマの年代別平均年収

出典:DODA平均年収ランキング2017

プログラマーに求められるスキルとは?

プログラマーに必要とされるスキルとして、まず挙げられるのが、開発に使用するプログラミング言語の知識やスキルです。どのプログラミング言語を使用するかは、勤務する会社や業界によって異なるため、自分が扱える言語を使用しているか、事前にリサーチしておくことが必要です。また言語にはトレンドもあるため、新しい言語を積極的に習得しておくと、キャリアアップにつながることもあります。

またWebプログラマーならHTMLやCSSといったWeb系の基本言語のほか、ネットワークやセキュリティに関する知識、ゲームプログラマーならアニメーションやエフェクトに関する知識が必要であり、業界ごとに必要となる知識は異なります。

プログラマーになるには、必ず必要となる資格はありませんが、基本情報処理技術者試験やOracle Certified Java Programmer、Javaプログラミング能力認定試験、PHP5技術者認定試験といった資格試験を受験しておくと、面接の際アピール材料に使えます。

プログラマーは要件定義などクライアントとの交渉が多いシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーと異なり、技術職でコツコツとコーディング作業を行う時間が多くなります。そのため、1つのことを極めたい人やソフトウェアの操作、開発が好きな人が向いていると言えます。反対にデスクワークが苦手な人やモノづくりにあまり関心が持てない人はプログラマーには向いていないかもしれません。

最近では、プロジェクトの進め方として、アジャイル開発を採用する企業も増えています。アジャイル開発は、少人数のチームで、短いサイクルで実際に動作するプログラムをリリースしていくことで、変化にすばやく柔軟に対応していく手法です。この場合、チーム内の協調がより重要になるため、職場によっては、コミュニケーション能力がより重要視される側面もあります。

プログラマーのキャリアパス

プログラミング画面

プログラマーのキャリアパスとしては大きく2つの方向性があります。まず1つはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーといった上流工程の担当者になるプランです。どのようなシステムを開発していくのか、要件定義を行っていく際に、プログラミングの知識を開発に生かすことができます。

そして、もう1つのキャリアパスが、プログラミングのプロとして、その道を極めていくという方向性です。システム開発をスムーズに行っていくためには、腕の良いプログラマーが欠かせません。とくにプログラミングの世界は、新しい開発手法やツール、プログラミング言語も続々と登場します。したがって、これらの情報をいち早く取り入れ、必要に応じて習得していくプログラミングのプロフェッショナルが求められるわけです。

プログラマーの今後は明るい?

プログラマーはIT業界の中でも、非常に需要が多い職種の1つとなっています。とくに腕利きのプログラマーは引く手あまたです。一時期は若いうちはプログラマーとして活躍できたとしても、年齢を重ねることで新しい技術を吸収するスキルや意欲が衰え、働き口がなくなるといった将来性に対するネガティブなイメージが広がっていました。しかし現在では年齢にとらわれず、技術のあるプログラマーは重宝されるようになっています。新たな言語を学ぶなど、自己投資を怠らない人は今後も先行きが明るいと言えます。

まとめ

プログラマーが開発に使用するプログラミング言語にはトレンドがあり、次々と新しい技術や言語が登場する時代です。いち早く習得し、マスターすれば、依頼や仕事が途絶えることはありません。1つのプログラミング言語を極めつつ、同時に新しい技術情報にアンテナを張る、好奇心が欠かせません。

派遣スタッフに登録する

PAGE TOP