1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. Windows11はいつからアップグレード可能なのか|発売日や無償アプデの条件

Windows11はいつからアップグレード可能なのか|発売日や無償アプデの条件

IT/Web派遣コラム この記事は約 8 分で読めます。

Microsoft(マイクロソフト)が「Windows11」を正式発表しました。2015年にWindows10がリリースされてから約6年。とうとうリリースが決定した新たなWindows OSはいつから利用できるのでしょうか?Windows11へのアップグレードの可能時期と無償アップグレードの条件、対応CPUの条件など、詳しく解説していきます。

Windows 11はいつから利用可能?

2021年6月25日、MicrosoftがWindows11のリリースを発表して大きな話題となりました。Windows11はデザインやシステムを一新する、これまでにない大型アップデートになるとされています。

Windows 11の発売日(提供開始日)

Windows11のリリース時期の詳細は現時点では未定(2021年7月現在)ですが、2021年内に正式にリリースされる見込みです。リリースされれば、Windows10が提供されてから約6年半ぶりのアップグレードとなります。

Windows 11搭載PC発売の予定

Microsoftの公式ページによると、Windows11が実際にPCに搭載され販売されるのは、2021年の後半とのことですが、こちらも詳細な時期は現時点では確定していません。近々PCを購入しようと考えている場合は、「Windows11へ無料でアップグレード」と記載されているPCを購入するといいでしょう。

Windows 11の特徴

動画引用元:Youtube|Introducing Windows 11

「Introducing Windows 11」の動画で言及されている通り、新しいWindowsには、次の機能が搭載される予定になっています。

  • Fluentデザインで丸みを帯びた外観に
  • スタートメニュー・タスクバーの刷新
  • Microsoft Teamsのタスクバーへの統合
  • ウィジェット機能の搭載
  • Snap Layout、Snap Group機能の強化
  • ゲーミング機能を複数追加

Windows10から大きく変更される点が多くあるので、更新後にスムーズに対応できるよう、リリース前にその内容とWindows11の 特徴を理解しておきましょう。

Fluentデザインで丸みを帯びた外観に

画像引用元: Microsoft

Windows11では多くの機能が追加され、またデザインも刷新されました。Windows10では角張っていたウインドウフレームが、丸みを帯びたデザインに変更されています。一部では、Mac OSに似たニュアンスであるとの声も聞かれているようです。

スタートメニュー・タスクバーの刷新、Microsoft Teamsのタスクバーへの統合

スタートメニューは、すべてのアプリを表示するのではなく、ピン留めされたアプリやおすすめのアプリのみが表示される仕様になります。

また、左揃えだったタスクバーのアイコンが中央に配置されるようになり、さらにアイコンをグループ化できます。iPadのようなデザインになっているとイメージするとよいでしょう。さらにタスクバーにはMicrosoft Teamsが統合され、ビデオチャットや音声チャットの開始が容易になる点にも注目です。

ウィジェット機能の搭載

画像引用元: Microsoft

iPadのような機能として、ウィジェット機能の搭載も挙げられます。ウィジェットには天気やニュース、株価などが表示されるほか、自分の興味のあるトピックにカスタマイズして表示することも可能です。

Snap Layout、Snap Group機能の強化

画像引用元: Youtube|Introducing Windows 11

Windows10でも採用されていたスナップレイアウトですが、Windows11では配置の自由度が向上されており、よりわかりやすく使いやすい仕様に変更されています。1つのディスプレイに複数のウインドウを表示させてPCを使用している人には嬉しい変更点でしょう。

ゲーミング機能を複数追加

画像引用元: Microsoft

ゲーミング機能も強化されます。

  • より高い没入感を実現する「Direct X 12 Ultimate」
  • ロード時間を短縮する「Direct Storage」
  • 色域を拡大する「Auto HDR」

これらの機能が搭載される予定です。

Windows 11への無償アップグレード

Windows11が正式にリリースされると、Windows10ユーザーは必要に応じてWindows11に移行できるようになります。

ただし、Windows11のPC要件は10と異なる点が多くあります。Windows11にも対応できるPCであれば無償アップグレードが可能ですが、要件を満たさない場合はハードを購入するなどの対応が必要になるでしょう。

無償でのアップグレードはいつから可能なのか

Windows11への無償アップグレードは、同OSがリリースされる2021年後半から2022年にかけて行える予定です。Windows11のリリースを待ちましょう。

無償アップグレードの条件

Windows11への無償アップグレードには条件があります。現在利用中のPCが条件を満たしているか確認してみましょう。

【システムの最小要件】
プロセッサ 1GHz以上、2コア以上の64ビット互換プロセッサ、またはSystem on a Chip
メモリ 4GB以上
ストレージ 64GB以上
グラフィックスカード Direct 12以上に対応
ディスプレイ 対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度ディスプレイ(720p)
TPM トラステッド プラットフォーム モジュールバージョン 2.0
インターネットとMicrosoftアカウント デバイスのセットアップの完了にはインターネット接続とMicrosoftアカウントが必要

参照元: Microsoft|新しい Windows 11 OS へのアップグレード

Windows11に対応するためには、上記のスペックを満たすPCが必要です。プロセッサ、メモリ、ストレージについては、近年購入したものであれば問題なくクリアできる要件と考えられますが、「Direct 12以上のグラフィックスカード」と「TPM2.0」への対応は、最新のPCでも搭載されていないものが多くあります

対応CPUの条件

これら2つを搭載するためには、CPUはインテル第8世代Core以降、AMDではRyzen2000以降のスペックが必要です。

この2つの要件を満たさない場合は、対応するPCを購入するか、PCにこれらを搭載する必要があります。Windows11がリリースされてすぐにアップグレードできるのか、確認するための重要なポイントとなるでしょう。

無償アップグレードへの対象か調べる方法

現在使用しているPCが無償アップグレードの対象になるかわからない場合は、Microsoft公式サイトの「互換性のチェックアプリ」を用いれば確認できます。

今すぐチェックしたい場合は、パソコンのデバイスマネージャーを開き確認しましょう。Windowsメニューを右クリックしてデバイスマネージャーを表示してください。そこで「セキュリティデバイス」が「トランステッドプラットフォームモジュール2.0」と表示されていればTPMの要件は満たしています。

グラフィックスボードも確認してみましょう。タスクバーの検索窓に「dxdiag」と入力して、表示されたアイコンをクリックします。するとDirect X診断ツールが立ち上がるので、「ディスプレイ」タブをクリックし「ドライバーモデル」を確認します。ここに「WDDM2.6」のように「WDDM2.◯」とあればWindows11に対応しています。

Windows 10はいつまで使える?

Windows 11がリリースされた後も、Windows10は継続して利用できます。ただし、利用期間自体には制限はないものの、サポート期間終了後にはMicrosoftから更新ドライバが提供されなくなる点に注意が必要です。

Windows 10の機能更新アップデートは2025年10月に終了

Windows10のサポートは、2025年10月14日で終了することをMicrosoftが発表しています。その後はOSの更新ができなくなるため、ウイルス攻撃への対策等が万全な状態ではなくなる可能性が高いです。

よって、Windows11のリリース直後にはアップグレードしなかった場合でも、後々Windows11を導入する必要性に迫られるようになるでしょう。

Windows10へダウングレードも可能

Windows11にアップグレード後、何らかのトラブルが発生したなどした場合はWindows10へのダウングレードが可能です。ダウングレードの条件は次の通りです。

  • アップグレードから10日以内:ファイルとデータを維持したままダウングレード可能
  • アップグレードから10日以上経過:クリーンインストールによるダウングレードが可能

Windows11にアップグレードした後、10日以内であればPC内のデータやファイルを維持したままダウングレードできます。しかし10日以上経過してしまうと、PC内のデータが削除されてしまうクリーンインストールによるダウングレードしかできません。

バージョンアップから10日以上経過してダウングレードする際には、忘れずにPC内のデータのバックアップを取得しておきましょう。

Windows11を導入する前には必要スペックの確認を

新しいWindowsは、これまでのWindowsとデザインも使い勝手も異なります。ウインドウのデザインやタスクバーのデザイン、使い勝手も変わるため、アップグレード直後から慣れるまでには少々時間がかかるかもしれません。

またOSが変更されることで、対応しないアプリケーションが発生する可能性もあります。Windows11を導入する前に、PCの必要スペックを確認しましょう。そして導入後には動作チェックを行い、10日以内にダウングレードできるよう準備しておくことをおすすめします。

まとめ
  • 2021年6月25日、MicrosoftがWindows11のリリースを発表
  • 2021年内に正式にリリースされる見込みで、約6年半ぶりのアップグレードとなる
  • Windows11が実際にPCに搭載され販売されるのは、2021年の後半
  • Fluentデザインで丸みを帯びた外観に
  • スタートメニュー・タスクバーが刷新され、Microsoft Teamsもタスクバーへ統合
  • ウィジェット機能の搭載
  • Snap Layout、Snap Group機能の強化
  • ゲーミング機能を複数追加
  • Windows11に対応できるスペックのPCであれば無償アップグレードが可能
  • 無償アップグレードは2021年後半から2022年にかけて行える予定
  • CPU要件はインテルでは第8世代Core以降、AMDではRyzen2000以降
  • 無償アップグレードの対象か否かは、Microsoft公式の「互換性のチェックアプリ」から確認可能(2021年7月現在は準備中)
  • Windows 11がリリースされた後も、Windows10は継続して利用できるが、Windows10のサポートは2025年10月14日で終了する
  • Windows11にアップグレード後、Windows10へのダウングレードも可能
  • アップグレードから10日以上経過してからのダウングレードは、PC内のデータが削除されてしまうクリーンインストールに迫られる

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の 注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「Cookieとは?」わかりやすく解説|仕組みや無効化・削除する方法

  • Google Chromeの広告ブロック機能の設定方法【PC・iOS・android】

  • Google Chrome が重い・遅い!メモリ圧迫だけではない原因と対策方法

  • アジャイル開発とは|ウォーターフォール開発との違いやメリット・デメリット

  • 【Windows10】Cortana完全に無効化する方法とは??

  • PCが複数?windows10の仮想化機能【Hyper-V】とは

PAGE TOP