AWSエンジニアの派遣求人特集

「AWSエンジニア」とは?

AWS(AmazonWebService)エンジニアは、Amazonが提供するクラウドサービスに関する専門知識やスキルを持つエンジニアです。
AWSはサーバーやストレージ、データベースなど、クラウドに関連した100種類以上のサービスを提供しています。企業がWebサイトやWebアプリケーション、社内システムなどを構築する際に活用されています。AWSはなんと世界シェアの4割弱を占めるクラウドサービスのデファクトスタンダードです。
有名なWebサービスでは、AWSを使用しない開発は稀といわれるほど普及が進んでいます。ところがAWSでの開発運用の経験がある人材は、まだまだ足りないのが現状です。そのためAWSで開発できるスキルがあれば、仕事が見つからないということはないといわれています。

「AWSエンジニア」に必要な資格やキャリアデザインは?

新しく注目されているAWSエンジニアですが、AWSのようなクラウドサービスはサーバ・ネットワークエンジニアにとって身近な存在です。ネットワークやセキュリティの設計・構築・運用までひと通りの経験があれば、それほど敷居は高くないと言えます。これからAWSエンジニアを目指す場合、「AWS認定資格」の取得を目指して勉強すると効果的です。AWSのスキルを身につければ、クラウドエンジニアとしても活躍できるため、仕事の幅が広がります。
オンプレミスからクラウド環境への移行が進む中でAWSを導入したい企業が増えています。また、人材に対して仕事を充てるのではなく、仕事に対して人材を充てる「ジョブ型雇用」へと採用が移り変わっています。こうした社会の変化から、AWSは長期的にも安定したキャリアをイメージしやすいと考えられます。キャリアパスとしては、AWSの導入を支援するITコンサルタントへの道も考えられるでしょう。

AWSエンジニアに向いている人は?

  • クラウドサービスやAWSに興味がある人
  • IoTや機械学習など最新技術を取り入れながら成長したい人
  • AWSエンジニアとして専門知識・スキルを身につけスペシャリストを目指したい人

208

  • 並び順

  • 表示件数

208

  • 並び順

  • 表示件数

プログラミング言語から探す