トップ > 就職決定者の声

就職決定者の声

こちらのページでは、実際にU_29に参加して「就職が決まった!」という皆様の声をご紹介いたします。
なぜ参加したのか、参加して良かったこと、大変だったことなど、本音ベースで書いてくれました。
※一部の方を抜粋しております。既に就職されておりますためイニシャルですが、ご了承ください。

UHさん

NEW

U_29プログラムに参加したきっかけ

転職を検討していた際、U_29のサイトを見つけ、先輩方のコメントを拝見したのがきっかけです。元々はWEB系のプログラミングに興味があり、他のパソコンスクールと比較していました。どうせ参加するなら出来るだけ費用を安くおさえて、自分の納得がいく転職が出来るまで最後までフォローしてくれるところがいいと思っていました。
U_29は無料の研修プログラムなのにどこのスクールよりも手厚くサポートしてくれると感じ応募致しました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

サポーターの方々には本当にお世話になりました。一番印象に残っていることは、面接練習の際にかなり細かい部分にまでツッコミを入れて下さったことです。練習を通して自身がなぜIT業界に就職したいのか・なぜITエンジニアになりたいのかを具体的に答えられていなかったことに気付きました。そこから徹底的に自己分析を重ねて面接準備をし、採用面接当日では自信を持って自己アピールが出来ました。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

採用側はどのような人材を求めていて、IT業界未経験者に何を望んでいるのか?その部分を検討しなければ内定を獲得することは出来ないと思い、U_29の研修以外にも自己分析や業界理解の為の書籍を購入し、面接対策に時間をかけました。
後は、職種に対する理解を深める為、ITエンジニアの方のブログも色々参考にしました。例えば、面接でIT業界に対するイメージを教えてくださいと言われた際に、エンジニアの意見を見て感じたことを答えたことがありました。実際にエンジニアとして働いている人のブログを見るのは、業界や職種のメリットデメリットが把握出来るだけでなく、自分が就職したときのキャリアなどを考える為の参考になったりもします。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

IT業界に挑戦するのは覚悟が必要でしたが、U_29に参加してみて良かった!
現在は転職先で研修を受けている身ですが、講義の内容はIT用語にまみれています。U_29のIT研修を受けていなかったら、今頃頭の中にたくさん?が浮かんでいたと思います。IT研修を受けていた時には耳にするだけだった用語も、実際に職場で触れる機会が多く、学んだことが仕事に生かされていて嬉しいです。物理ファイルと論理ファイルって、こういうことだったのか!
後は、現在研修で「分からないことがあってもすぐに人に聞くのではなく、自分で調べてみる」という指示を受けています。U_29は個人やグループワークを通して自分で考えて意見を出し合い、目標を達成する機会が多くあります。この様な機会を通して、分からないことがあってもすぐに諦めるのではなく、まずは調べて自分で解決法を考える力が身に付きました。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

私の強みは粘り強さだと思っています。上の項でも述べましたが、研修でつまずくことがあっても、諦めずに何が問題なのかを探り、様々な方法を試して目的を達成出来るように努めています。将来的には、AS400で作動する業務基幹システムのヘルプデスクに就きますが、どんどん知識を吸収して、社内一システムに詳しくなって、社内外問わず頼られる様な人になりたいです。(部署内に実際に周囲から常に声をかけられるプログラマの方がいらして、かっこいいなと思っています)

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

ヘルプデスクの主な業務は架電にてお客様のトラブルを解決することですが、現在研修で初めてコーディングを経験し、プログラミングや開発の方の仕事にも興味がわきました。ずっと文系だったのでCUIを使ってコードを記述するなんて絶対に無理!と思っていましたが、実際にコマンド入力・ソース記述を通してプログラムが作動する様を目の当たりにすると、実際にやったことがある人にしか分からない楽しさがありました。時間を見つけてプログラミングの学習も進めていき、資格取得を目指します。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

転職活動に不安がある人でも大丈夫です。最初はIT業界に転職なんて絶対に無理だと思っていた私ですら、内定を獲得することが出来ました。なりたい自分に変われるチャンスだと思います。

YSさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

今まで全く別の業界で働いていましたが職場の人の影響でIT業界に興味を持ち転職することにしました。
未経験からの転職は厳しいと思い、勉強してから就職活動しようかと思っていたところU29を見つけました。
無料でIT業界への就職を支援してくれるということでしたので参加しました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

同じ境遇のメンバ-に出会えた。
U29に参加しているメンバーは自分と同じように未経験からIT業界に就職しようとしていて、大まかな目標は同じなので1人で就活するよりも気持ちが楽になると思います。また就職してからも相談相手になると思いますし、1ヶ月と短い期間でしたがこのご縁を大事にしていきたいと思います。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

記憶することが苦手なので勉強は大変でした。
GAITやMTAを目標に勉強してきましたが短い期間で覚えることが大変で今までで1番勉強したと思います。
ただ、たった1ヶ月勉強するだけと思ってしまえば頑張れますし1人ではないので必然的に勉強はしました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

全く何もわからない状態でしたがIT全般を広く学ぶことができたので会社に入っても生きると思います。
ここでたくさんたくさん勉強して思いましたが、仕事を始めても勉強は続けられるなと実感しました。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

入りたてなので質より量でやっていきたいと思います。
2社経験しているので何が求められるか知っているので積極的に仕事を貰いに行きます。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

正直まだ勉強しかしていないのでどんな風になるかなど目先の将来像も見えていないのが現状です。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

考えること、思うことは簡単。それを行動に移すか移さないかで人生は大きく変わります。
何事にも当てはまることだとは思いますが、まず行動することが大切です。

STさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

U_29の存在を知ったのは、ながらく興味のあったIT職を目指すべく北海道から上京してすぐの事でした。IT職求人を探している時にU_29のWEB広告を見かけ、先ずはお話を聞こうと思ったのがきっかけでした。
初回の面談時に担当者の方々に丁寧に自分の経歴を踏まえ、不安に思っている点を相談させてていただき、親身なアドバイスをいただきました。その際、直感で、信頼出来る方々のもとで精一杯頑張れそう、と感じたのがきっかけです。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

実際にIT業界でどんな技術知識が必要かイメージするのに役立つカリキュラムがある点と、U_29ではITの転職に特化した事務局の方々の支えがあることです。
U_29のプログラムを通して、1人で勉強をしてもなかなかイメージしにくいITの業務知識ですが、ツボを押さえたIT知識定着への取り組み方を導いていただきました。
また、同期の頑張りを感じる事によって自分が更に飛躍した努力をしなければいけないと肌で感じることができたので、自分の集中力にエンジンがつけられた点はU_29に参加して本当に良かった事です。その点に深く感謝しています。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

最初のGAITアセスメントに向けての、勉強が一番の関門で苦労しました。おそらくGAITに取り組んだ人が口を揃えて「思ったより範囲が広いし!細かな知識が必要!」と言うと思います。
実際の試験ではITの幅広い分野をスラスラと解答できるスピード感も求められるので、多少無理をしながらも自分の最大限の力を学習に注ぎこむ事が肝です。
ここを頑張りきる事の重要性は学習の内容を把握したらわかる筈です。
GAITの取り組みでの自分の指標は「企業が驚く程の結果」とはどれくらいだろう?と想像することでした。標準を定めて現状と照らしあわせることでモチベーションを保ちました。大事な勘所と意識してこそ精一杯取り組めたと思います。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

より実務的な視点に突っ込んで、ITの学習目標を考えられるようになった事です。
U_29の存在を知る前からITに関しての自己学習はしていたつもりでしたが、正直に言って手当たり次第、手探りで必要な知識を見定ていた状態でした。U_29のプログラムはツボが集約されたカリキュラムだった為、短い期間で効果的な成果を出す為の指標を導いて頂いたと感じます。
独りよがりな視野から一歩抜け出して、IT職に精通するU_29事務局の方々が吟味し用意されたカリキュラムをとことん取り組む事によって、IT職における幅広く、且つベーシックな知識を学べました。実際面接でもその知識を織り交ぜながら応対できました。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

私は28歳からIT職をスタートさせるので、遅れを取らないように勉強し尽くそう!と意気込んでいます。あらゆるツール、学習リソースを駆使して、今までの自分の殻を打ち破れるよう頑張りを継続していきたいです。
地方から上京してきた事もあり、東京ならではの学習機会を逃さない取り組み方もしていきたいです。地方ではなかなか開催の難しい世界的な技術の勉強会などには積極的に参加して生の方法論を吸収し、その経験を応用できるようにしていきたいです。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

知識を網羅的に取得していき、自社の技術を通して実現、拡張できる事をお客様にも発信していける存在になりたいです。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

私は飲食店アルバイト歴が長く、正社員として働いた事がなかったことが転職の覚悟を決める上でのネックでした。IT職も全くの未経験でした。同じ様な境遇でIT職に興味があるけど自分の経歴から不安を抱いている...という方に伝えたいのは、その不安は積極的に学ぶ事で拭える不安です!
その点、U_29のプログラムでは学ぶ場とチャンスを与えてくれます。プログラムの中での頑張りをしっかりとアピールすれば、企業はあなたを評価してくれる筈です。
U_29のプログラムを取り組むにあたっては「短い期間」に「どのくらい頑張ったか」を成果をもって証明する事が重要だったと思います!
最後はやる気!だと思います!
情熱を持った人を支えてくれる環境がU_29にはあります。是非お話しを聞いてみる事からオススメ致します。

SKさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

新聞にてパーソルテクノロジースタッフの記事を見て、問い合わせしたところ本プログラムを紹介された。
IT分野の知識は、最初から独学ではとっつきにくいと感じたこと、また未経験からの転職が特に難しい業界だと予想していたので、後ろ盾があれば心強いと思ったため。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

無償で研修が受けられ知識補填ができるところ。またGAITスコアやMTA資格といった転職時のアピールポイントとなる材料を短期でそろえられた点。IT関連の資格は種類が特に多いので、素人では資格の難易度や採用側の捉え方など分からないことが多いが、最適な方法を導いてくれた。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

面接時のやる気や熱意の伝え方。自分の中ではうまく伝えられたと感じていても、採用側の捉え方にギャップがあると感じる場面が多々あった。
面接対策時にコーディネーターや同期から言われた客観的な意見を思い出したり、面接官側になりきってみて相手にどのように伝わるか自問自答を繰り返したりしてなんとか面接を乗り越えた。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

研修を通してIT全般の基礎知識や用語などを覚えることができた。これによってIT関連の新聞の記事やwebサイトを見てもある程度内容が理解できるようになった。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

初年度は失敗を恐れずにとにかくがむしゃらに働きたい。恥じることなく周りから知識を貪欲に吸収していち早く一人前のSEになることを目指したい。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

IT基礎研修を通しデータベースに興味が湧いた。DBの知識をより深め、ゆくゆくは自らDBの設計・構築ができるようになることが目標。自らの設計したDBによって現場の業務効率の促進から、最適な情報を提供することで経営の意思決定にまで、企業活動に幅広く貢献できるSEとなることが夢。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

過去にいくつか転職エージェントのサービスを利用したこともあったが、ここまで親身になってくれた企業はない。これからITエンジニアを目指す方にとってこの上ないチャンスだと思うので、確実に正社員での就業を実現したいのであれば参加しない手はない。

HTさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

こちらに参加した理由は、わたしの条件にピッタリだったからです。
受けたい研修が揃っている点と、信頼できる会社が運営している点が決め手でした。
わたしは学歴や面接の質疑応答などについて自信がなく、ITの知識もほぼないため、就職支援団体を探す上で研修があるかどうかは必須項目でした。
また勤務時間に難のある業界という印象が少なからずあったため、前職(派遣)でよい会社を紹介してもらえたテンプグループなら、またよい運が期待できると思いました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

基礎研修により、これから深く勉強していくための土台ができたこと。
同じ目標をもつ、まったく別の生き方をしてきた他の参加者の心意気を聞けたこと。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

苦戦したことは専門用語を覚えることでした。
SANやSUNなど省略されている英語が多く、よく混乱していました。
しかし基礎研修後のMTA研修を受ける頃には不思議と頭に入ってきたので、何事も慣れで乗り越えられる気がしました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

いろいろ成長できた気がしますがうまくまとまりません。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

目の前の仕事を確実に覚えることがまず一番です。
慣れてきたら先輩方の仕事への取り組みを参考に今後のビジョンを描いていきたいです。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

想像がつきませんがPMになって、会社に直で貢献できるような業績をあげることが大きい最終目標です。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

こちらの研修を受けたことで、IT系に就く自信がつきました。
0の状態からでも知識は意外となんとかなりそうです。
IT目指したい意欲があれば必ず就職できますのでぜひぜひ。

YTさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

以前からITの仕事に興味がありました。
ITの基礎を学びながら就職活動が出来ることをネットで知り参加しました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

就活中にアドバイスを親身になって教えて頂けてたことが良かったです。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

私は自身のこと、特に良い点を面接で伝えることが苦手で面接で落ちてしまうことが多かったですが、失敗を繰り返すことで自己分析することができるようになり、ITの業界に入って今後どうしていきたいかなどを伝えられるようになりました。就活を諦めずにやってこれたおかげで、無事に就職することが出来ました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

ITに関する知識はゼロでしたが、勉強を積み重ねることで少しずつですが知識も増え成長できたことです。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

業種として未経験なので、最初は分からないことは自分で調べ、先輩に聞くことをしながら少しずつ慣れていくようにしたいと考えています。目標はマネジメント方面も学んでいきたいと思います。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

技術・知識を深めていき、クライアントの要望に応え満足していただける物を提供できるエンジニアを目指したいです。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

転職を検討しているなら、悩む前に行動してみることも重要です。まずは説明会に参加してみて下さい。
20代後半でも熱意や目標があれば、チャンスは作れるものです。その為に一歩踏み出してみて下さい。

KSさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

一人で転職活動を行うにあたって、スキル不足や面接対策などの不安要素があったため、転職支援サービスを利用しようと思いました。
また、さまざまなサービスがある中でこちらを選んだ理由として、初回面談時に自分がこれからどうしていきたいかという想いを時間をかけて聞いていただき、そのうえで実際にどんな企業を紹介できそうかなど、実績を踏まえたうえで説明いただいたことで、「ここでなら!」と思い決めました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

仲間がいたことです。研修や試験などの難しい課題がありましたが、それに対して全力でやれたのも、同じ境遇の人たちと受けることができたので、一緒に転職を勝ち取りたいという想いや、負けたくないという想いもあり、より一層頑張ることができたのかなと思っています。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

不安が常にあったことで、モチベーション維持に苦労しました。というのも、研修期間がみっちりあり、そのあとも面接対策や実際の面接などで時間がないため、思うように仕事ができない期間というのがありました。その期間が決まっていれば不安はありませんが、内定をいただくことが難しければその分時間はかかります。それが不安要素へとなっていきました。
しかし仲間が自分よりも頑張っている話を聞くことでまだまだ自分の努力が足りなかったと思うことができたり、その不安を共有できる仲間もいたことで不安の解消へとつながりました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

わからないことをすぐに調べるという癖がつきました。研修で学んでいる中でも講師の方が話されている内容でわからないことがあったときには自分で調べていかないといけません。研修を受けているのは10人ほどいるので、研修中に質問をして止めることができないからです。
ただこうした環境で勉強できたことで、就職した今、ソースコードでわからないことを発見したときに調べる癖がいかされているなと感じることがあります。実際に実務では、わからないことをそのままにすることで新たなバグを生んでしまったり、今後の自分の成長にもつながっていかないので、すぐに調べることが重要なポイントであるということを痛感するばかりです。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

Webアプリケーションの開発をしておりますが、多くのフレームワークやシステムを使用しているので、それらを理解していくことが直近の課題です。どのフレームワークがどこで使われていてどんな動作をするのか、こういった基本的なことが理解できていないために、せっかくの上司の説明も一回では理解できないことが多いです。すぐにでも解消していく必要があると感じています。
また今後の目標としては、幅広くなんでもできるスキルをつけて会社に貢献したいので、自分ひとりでWebアプリケーションを作り、すべての工程をできるようにしたいです。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

なんでもできるエンジニアになりたいです。それが顧客の満足を超えることにつなげることができ、会社への貢献にもつながると感じるからです。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

どんなエンジニアになりたいかが決まっていれば心配することはなにもないと思います。ぜひこのプログラムを受けていただきたいです!

KHさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

もともとIT業界に興味があったが、全くの無知であり、挑戦してみたいという気持ちはあったが、自分では無理だろうと諦めていました。そんな時にU29のプログラムを知りました。半ば諦めの状態で連絡したところ、「やる気さえあれば未経験でも十分にやっていけるよ。」と言っていただいたことが、U_29へ参加するきっかけとなりました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

マナー研修からIT関係の基礎知識まで様々なことを学ぶことができた点

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

初めての内容ばかりだったので、常に勉強していないと次の講義で内容が頭に入らなくなってしまうことがありました。そんな時は、一緒にプログラムに参加している仲間と相談し合い、どのように勉強しているかなど様々なことを話し仲間とともに乗り越えていきました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

分からないことに対して不安だった気持ちが、分からないことを知りもっと知識を身に着けたいと感じることができるようになった点

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

分からないことを1つずつ無くしていくことが確実な成長につながると思うので、必要なことから知識を身に着けていきたい。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

現在はサーバの構築がメインだが、保守や営業などのほかの分野の仕事もできるようになっていきたいです。そして、最終的にはすべての仕事ができるようになりたいです。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

先のことを考えるよりも、今行動すればおのずと結果はついてくると思います。頑張ってください。

AMさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

大学で情報を学び、いずれはIT系に進みたいと思っていましたが、受験で失敗して以降あきらめていました。それでも数年間アルバイトを経験していくなかで、やはり自分が進みたかった業界をあきらめることはできず、IT系への就職方法を探していました。そんな時、こちらのU_29のプログラムをWebで偶然知りました。学歴もなく就職もしてこなかった私がやりたい仕事をするには若いうちの今しかないと思い、参加をすぐさま決めました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

未経験の人でもわかるように、本当に初歩の初歩から学べました。講師の方々もわかりやすく丁寧に教えてくださったので、勉強しやすかったです。また、模擬面接は非常に助かりました。今まで就活をしたことがなかったので、不安しかなかったのですが模擬面接のおかげである程度どのようなものかはわかりましたし、安心して臨むことができました。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

プログラム中はいろいろ苦労をしました。資格試験の一つで落ちたときは、一生懸命勉強していた分ひどく落ち込みましたが、同期の方に相談して勉強法を改め、やり直した結果、無事合格できました。あれはあれで自分の勉強法を見直す良いきっかけだったと思います。他にも面接が上手くいかなかったこともありましたが、そういう時はU_29の担当の方々がアドバイスをしてくださり、それをもとに次の面接で活かしていってからはだいぶスムーズでした。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

物事への姿勢です。いくら熱心にやっても効率が悪いのであれば全く意味がない。私はテストの失敗で自分の勉強方法の間違いを知ることができました。また、ワークショップでは、人に何かを伝達するときの方法は様々あり、しっかりと形で残し伝えることの大切さを学べました。あれは大変貴重な機会でした。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

まずは基本的なことをしっかりとしていきたいです。サポート業務の中では、クライアントやお客様の問題や要望にしっかりと耳を傾け、それにお応えするのが当面の目標です。そして自分で勉強してしていく姿勢は続けていきたいです。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

企画の段階から携わってみたいです。また、クライアントが思い描いたECサイトの作成や、ブランドの再認識や立ち上げに参加していくことが目標です。物を作ることに誇りを持っている人々の手助けができればと思っています。そしていずれは自分で女性の出産、育児サポートのためのシステムを作り上げることです。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

私は一度諦めていたIT業界にこのプログラムのおかげで入れました。学歴もちゃんと就職したこともなく資格もない。ほぼ何もない私に唯一あったのはITの仕事がしたいという熱意だけです。そして、その熱意を汲んでくれる会社はありました。ですから、自分の経歴や能力に自信がなくとも、「ITエンジニアになるんだ」と強く思っているのであればチャンスを逃さないでください。

IEさん

U_29プログラムに参加したきっかけ

歯科助手として働いていましたがITエンジニアに興味があったため参加させていただきました。専門学校という道もありましたが、卒業した時の自分の年齢を考えてU_29の参加を決めました。

U_29プログラムに参加して良かったと感じた点

1ヶ月という短い期間だったので、必要なことを必要な分だけ勉強でき、またそれをやりきったという充足感がありました。また、ITの基礎だけではなく、社会人としてのマナーも学べたことはよかったと思います。

苦労・苦戦したこと、またそれらをどう乗り越えてきたか

1ヶ月という短い期間だったため、毎日の勉強量がそこそこ多かったとは思います。つらかったところといえばそこですが、でもこれがすべて就職につながると思えば頑張れました。

U_29プログラムを通じて成長できたと思う点

ITの基礎知識を吸収できたことはもちろん、社会人のマナー等を教えていただけたので社会人としても成長できたと思っています。

就職先の仕事にどう取り組んでいきたいか、目標など

自分の目標をきちんと決め、それを達成できるように努力できるようにしていきたいと考えています。

仕事を通じて目指す今後の夢・将来像

プログラミング言語に興味があるので、それに精通できる人間になれたらと思います。また、プログラミング言語以外でもITの知識を幅広く身に着け、広い分野で活躍できるエンジニアになれたらと思います。

U_29プログラムへの参加を検討している方々に一言お願い致します

私は歯科助手からU_29に参加しITエンジニアになりました。このように前職がITと全く関係がなくてもITエンジニアになれます。もちろん努力はしなくてはいけませんが、努力という点においてはどこの仕事、物事でも同じことだと思います。どうせ努力するなら自分の好きなことで努力したいとは思いませんか?
自分の好きなこと、興味のあることを仕事にするのは素敵なことだと思います。これを読んでいる皆さんも、もしもITエンジニアになりたいという思いがあるのならばU_29に参加することをおすすめします。ぜひ参加して、自分の夢をかなえてください。