エンジニアキャリア支援PJT第6弾実務経験年数以上の実力を保有するエンジニア、 独学エンジニアのスキル可視化によりキャリアアップを支援 – パーソルテクノロジースタッフ

エンジニアキャリア支援PJT第6弾
実務経験年数以上の実力を保有するエンジニア、 独学エンジニアのスキル可視化によりキャリアアップを支援

newsrelease

パーソルテクノロジースタッフ
エンジニア キャリア支援プロジェクト 第6弾

実務経験年数以上の実力を保有するエンジニア、
独学エンジニアのスキル可視化によりキャリアアップを支援

~Webスキルチェックによるスキル裏付け情報をもとに適切な企業とのマッチングを実施~

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、社員エンジニア<IT領域>への応募者を対象に、今月よりWebスキルチェックを開始いたします。これにより、独学でスキルを身につけたエンジニアや、実務経験や資格など技術力を裏付ける情報がなかったエンジニアを技術力で評価することが可能となります。

パーソルテクノロジースタッフは、「エンジニアでありたい人とエンジニアと共にあゆむ組織の成長創造」を通じて「エンジニアが誇りを持てる世の中を実現」することをミッションステートメントにて宣言し、エンジニアのキャリアアップや自己実現を中長期的に支援する取り組みを行っています。パーソルテクノロジースタッフでは、本取り組みをはじめ、今後もエンジニアの自己実現に向けたさまざまな取り組みを行ってまいります。

背景:「実務経験〇年」の人材要件だけでは測りきれない
エンジニア派遣サービスを利用する企業からよせられる要件は、「実務経験〇年以上」といったケースが多く見られます。実際に求められるのはプログラミングスキルをはじめとした技術力にも関わらず、言語化しにくいスキル等については経験年数で端的に記載されます。必要経験年数相当のスキルを保有しているエンジニアであれば、求人票に記載されている必要経験年数未満であっても交渉のうえマッチングは可能ですが、スキルを裏付けする情報が必要です。
これまで、実務経験がなくとも独学で高いスキルを身につけているエンジニアや、実務経験年数や経験業務から読み取れる以上のスキルを保有しているエンジニアであっても、第三者的なスキル情報を持たないことで自身のキャリアアップが実現できる会社・業務への就業機会の選択肢が少なくなっていました。

概要: Webスキルチェックにより、自身の実力を活かし更なるキャリアアップが実現できる就業環境を実現
当社へ社員エンジニアとしての入社を希望するITエンジニアを対象に、2019年1月より2次面接前にWebスキルチェックを開始いたします。全般的なプログラミング問題をベースに、開発、インフラ、セキュリティなどのジャンルの問題を加え、エンジニアが保有するスキルや得意分野などを確認することで、アサインの際に実務経験や資格などと同様に第三者的なスキル情報として用いながら、企業とのマッチングを行ってまいります。

これにより、自身のスキルを裏付ける第三者的な情報を保有しないエンジニアのキャリアアップを支援します。パーソルテクノロジースタッフでは、今後もエンジニアの自己実現に向けたさまざまな取り組みを行います。

パーソルテクノロジースタッフ株式会社について
https://persol-tech-s.co.jp/
パーソルテクノロジースタッフ株式会社は、パーソルグループの「派遣・BPOセグメント」のうち、IT・ものづくりエンジニアの人材派遣サービスを提供しています。テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門の経営統合により、2017年1月よりパーソルテクノロジースタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

「PERSOL(パーソル)」について
https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。