サービス概要

CSIRT構築・運用支援

CSIRTの構築・運用におけるセキュリティエンジニアの派遣

CSIRT構築・運用支援

派遣型受託型

CSIRT(Computer Security Incident Response Team | シーサート)は、情報システムのセキュリティインシデントに対応する為の組織体です。脆弱性の管理、インシデントハンドリング、各種セキュリティ施策の推進など、CSIRTの様々な業務に対する人材の支援を行います。

CSIRTの構築・運用における課題

サイバー空間におけるリスクヘッジとして、各企業ではCSIRTを導入する動きが急速に広まっています。しかし体制の不備などが起因して、適切に機能が果たされないケースもあるようです。

CSIRTは特殊な組織体であり、企業を構成する既存組織と同じ概念で捉えられるものではありません。その構築においては、組織の現状問題の把握、経営層との意思疎通、関連部門との調整といった多くの検討事項が存在し、大きな推進力が求められます。また、運用においても、社内外組織との連携をはじめ、インシデントのハンドリングやトリアージといった、より専門的で幅広いセキュリティスキルが要求されます。

CSIRTの組織

パーソルテクノロジースタッフのCSIRT支援

既にCSIRTを経験するエンジニアはもとより、脆弱性診断、セキュリティログ解析、各種アプライアンスの導入といったセキュリティエンジニアとしての経験をベースに、CSIRT人材としてのスキルや知見を備える人材が在籍しています。CSIRT設立・運用における要員の確保は、パーソルテクノロジースタッフへご相談下さい。

こんな事でお困りの企業様

  • 脆弱性管理、インシデントハンドリング業務に際して、知見のあるエンジニアを確保したい
  • アプライアンス製品のチューニングに関して、経験のあるエンジニアを確保したい
  • CSIRT構築に際して、業務経験のあるエンジニアに参画して欲しい
  • セキュリティ施策の推進にあたり、経験のあるエンジニアを確保したい など

CSIRT構築・運用支援に関するお問合せ

弊社お客様窓口より「CSIRT構築・運用支援」に関するご質問である旨をご記入の上、お問合せ願います。

お客様窓口へ