トップ > IT資格ベンダーインタビュー:日本マイクロソフト

IT資格ベンダーインタビュー 日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社について

日本マイクロソフト株式会社様とはどのような会社で、どのような事業展開を目指していますか?

日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで 「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。 日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

U_29で取得できる資格について

MTAとはどのような資格なのですか?

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)は、ITエンジニアとしてのキャリア構築を目指す人や情報ネットワークやセキュリティ、データベースなどのIT関連事業を行う企業や担当部署で働く方、および、就業希望者に向けたマイクロソフトの認定資格となります。 MTAは、多数の大手企業の社内トレーニングや推奨資格として採用されております。また、MTAは、世界中で統一化された試験によって実施されるグローバルで共通の資格であり、その取得によって担保されるスキルはあらゆる国で通用し、評価されるということも重要なポイントとなっています マイクロソフトは、さまざまな情報技術系の認定資格プログラムを提供していますが、MTAは、それらの資格の土台となる資格として位置づけられます。

MTAより上位の資格について教えてください

より上位の資格としてマイクロソフト スペシャリスト資格、MCSA(ソリューションアソシエイト)、MCSE (ソリューション エキスパート) や MCSD (ソリューション デベロッパー)いったカテゴリで様々な資格群をラインアップしています。例えば、MCSE なら「プライベート クラウド」や「データ プラットフォーム」「ビジネス インテリジェンス」など 9 つの資格が用意されており、企業が各技術領域にかかわる人材育成を体系化できるようになっています。 今回の企画に参加される方にとっては、MTAの次のステップとしてWindows 10のスペシャリスト資格や、とMCSA: Windows Server を目指すのがよいと思います

これらのトレーニング・資格を取得することによりどのような技術が身につきますか?

"体系的"なかたちでトレーニングを受講し、認定資格を取得していることが重要なポイントで、各資格の取得を目指して学習するなかで技術者は、自らに求められるソリューション領域に応じたスキルを、周辺知識なども織り交ぜながら、ムダなく効率的に獲得できるのです。

この資格取得によりどのような職種・業務に活かされますか?

マイクロソフト製品は、広範な企業のシステムを支えるデファクト・スタンダードともいえる存在であり、それだけに関連技術スキルにかかわる需要はきわめて大きく、ITサービスを提供する企業にとっては、有資格者を数多く抱えることが、そのままビジネス上の競争力強化となりますので、就職に有利です。

U_29について

U_29についての感想をお聞かせください

若い世代の方々へのキャリア計画を支援しIT業界が抱える人材不足に応えると言うシナジーが期待できるなと思いました。資格取得サポートを通しこの世代の皆さんにより強い自信を持って職種選択、ポジション応募ができるようにしてくれる魅力ある企画と思いました。

「U_29」について推奨コメントや、今後期待することがあれば教えてください

既に提供されてらっしゃるかもしれませんが
・業界や企業が求めるテクノロジーを学ぶ機会の提供
・そして学びや経験を通して得られたスキルをどのようにして証明できるのかのヒントや具体的事例提供
があると良いと思います。

U_29では資格取得を支援しています。資格を取得する意義はなんだとお考えですか

自分の能力、スキルを証明するための手段のひとつになるかと思います。

ITエンジニアを目指す20代の若年層の皆さんにメッセージをお願いします

ITキャリア計画を検討する上で企業が求めるテクノロジーを学ぶことは大変重要です。 業界ではクラウド技術を有するエンジニアの要求が高まっており、単一領域の技術や製品のみならずデスクトップ、ネットワーク、セキュリティ、データベースさらにはクラウドOSと言ったクラウドエレメントの知識や概念習得が必要とされます。 クラウド環境におけるエンド-エンドの概念理解、スキルの要求は従来のITスキルに比べて大きく伸びています。 マイクロソフトのクラウド関連認定資格はエントリーレベルのMTAからエキスパート、デベロッパーと言ったITプロレベルのMCPまで、基礎となるテクノロジーの概念習得から、高度なスキル取得まで成果をグローバル資格として認定し、プロとして就業する方を強力に後押しします。 MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリス)をすでに取得している方には第一ステップとしてMTAを、MTAを取得している方は上位のMCPを是非取得していただければと思います。

ありがとうございました!