パーソルテクノロジースタッフは、「紹介予定派遣の面接」と「派遣の職場見学」の違いをご紹介。幅広い職種の派遣の仕事をご紹介する人材派遣会社です。

紹介予定派遣

  1. トップ>
  2. 紹介予定派遣>
  3. 派遣とは違う!紹介予定派遣の面接対策

派遣とは違う!
紹介予定派遣の面接対策 必勝のポイントは?

経験・意欲・価値観…
あらゆる角度から見られています

紹介予定派遣と聞くと、中には「派遣で入って、よければ社員になれるかも?」と、軽く考えてしまう方もいますが、それではうまくいきません。企業はあくまでも社員を採用するという姿勢で人材を探していますから、受けるほうも真剣でなければ、意識がすれ違ってしまいます。

では何が違うのかというと、一言で言えば、社風に馴染んで長く働ける人、活躍できる人を探しているということ。通常の派遣だと任せる仕事が決まっていて、それができるかどうかだけを見るのに対して、紹介予定派遣の場合は、仕事の経験や能力に加えて意欲や人間性、価値観などを総合的に見られるわけですね。実際、NGになる理由で多いのは「意欲が感じられない」というもの。ですから、そんな企業の視点を意識して自分をアピールする必要がありますし、同時に、自分に本当に合う企業なのかどうかを見極めるために、十分な企業研究も欠かせません。

面接が鍵~自分をしっかりアピールしよう

就業が決まるまでのプロセスも違ってきます。派遣だと職場見学という形の顔合わせですが、紹介予定派遣はまず書類選考があり、通ると今度は面接が待っています。もちろん派遣会社の担当者は同席しません。一人で臨む面接の席では、志望動機やどんな仕事をしてきたか、どんな成功体験・失敗体験を積んできたか、自分の強み・弱みは何かなど、様々な角度からの質問を受けることになります。

こう書くと何だか大変そうですが、怖がることはありません。面接こそ同席しませんが、派遣会社がアナタのパートナーであることには変わりないのです。面接対策など事前の準備は一緒に進めますし、何より客観的な立場からアドバイスできますので、きっとアナタのお力になれると思います。これまで紹介予定派遣をよく知らなかったという人もぜひ、一つの選択肢として考えてみてください。

面接必勝のポイント

1. 自己分析
自分の強み・弱み、成功・失敗体験の振り返りなど、過去の経験の棚卸しが肝心です。
2. 事前の企業分析は基本
自分が志望する会社を知ること、扱っている商品やサービス・その会社の強みなどについて興味を持って調べることは大切です。
3. 熱意を伝える
なぜこの会社で働きたいのか、入社したらどんな風に働きたいのか、あなたの熱意を伝えていくことも大切です。自己分析や企業分析ができていれば、熱意はおのずと伝えられるはずですよ。

PAGE TOP