KDDIグループでキャリアアップ!

セキュリティエンジニア
としてはたらこう

総合セキュリティソリューション企業の
KDDIデジタルセキュリティでOJT!
セキュリティ未経験でも安心のサポート体制

求人内容を見る SCROLL
求人内容を見る
3 MERIT

セキュリティエンジニアとして
はたらく3つのメリット

セキュリティエンジニア
として働く3つのメリット

  • MERIT 1

    セキュリティ未経験から
    チャレンジできる

    サーバ構築、ネットワーク運用監視など、インフラエンジニアに類似した経験があれば、業界未経験からでもセキュリティのスペシャリストを目指すことができます。

  • MERIT 2

    将来幅広い業界で
    活躍できる

    近年、サイバー攻撃のリスクに備えることは、どの企業においても重要な課題になっています。セキュリティエンジニアのニーズは年々高まっており、幅広い業界で活躍できる人材を目指せます。

  • MERIT 3

    多様なキャリアパスから
    高収入を目指せる

    キャリアパスは、スペシャリストを目指す、他分野との組合せでエンジニアとしての幅を広げるなど、さまざま。セキュリティエンジニアとしての経験は、キャリアの大きな武器になります。

EXPERIENCE

セキュリティに関わる全行程を経験して
最先端の技術に触れられる!

セキュリティに関わる
全行程を経験し最先端
技術に触れられる!

KDDIデジタルセキュリティ

基礎から応用まで、
幅広いキャリアを積みましょう!

なんといっても、大手通信事業者のセキュリティを担う会社。セキュリティ分野において、企画提案から、 POC検証、構築、導入、運用までの全工程が経験できるのは、希少な現場です。最先端技術を積極的に採用されており、その技術に携われる環境があります。
セキュリティエンジニアとして、じっくり成長する、様々なプロジェクトに参加する、知識と経験を両立させるなど、基礎から応用まで幅広いキャリアを積める就業先です。

大手通信企業・KDDIグループの
セキュリティ業務を経験できる

OJTやキャリアアップ研修、
実務環境が充実している

セキュリティエンジニアとして
スキルを磨くのに最適な環境

CHECK!

KDDIデジタルセキュリティで磨ける
実践的なスキルとは?

  • 情報セキュリティマネジメント
  • ネットワークインフラセキュリティ
    (オンプレ、クラウド、仮想化)
  • アプリケーションセキュリティ
    (Web、電子メール、DNS、Proxy)
  • OSセキュリティ
    (Unix、Linux、Windows)
  • IDS(不正侵入検知システム)
  • SIEM(ログ異常検出通知システム)
  • EDR(エンドポイントウイルス対策)
  • SOC(セキュリティ運用)
  • CSIRT(セキュリティ組織構築)
  • セキュリティプロトコル
  • 認証
  • PKI
  • 暗号
  • 電子署名
  • サイバー攻撃手法
  • 法令・ガバナンス
CAREER UP

あなたのキャリアを見据えたOJT

あなたのキャリアを
見据えたOJT

情報セキュリティに関する基礎的な知識をつけ、実際の業務で活用できる場を用意しています。現在お持ちのスキルに応じた業務からチャレンジし、セキュリティエンジニアとして成長できます。

  1. STEP 1

    SOC運用

    セキュリティの専門部隊の中で、セキュリティのアラートを監視し、多数のログ収集や分析によってサイバー攻撃を検知します。

  2. STEP 2

    セキュリティ監査

    組織内で適切なセキュリティ対策を行えているかどうか、現状把握と問題点の分析を行い対応策を立案します。

  3. STEP 3

    導入検証

    組織が新しいサービスやシステムを導入する際、企画立案、構築や動作確認、運用設計など、セキュリティ運用まで対応します。

  4. STEP 4

    セキュリティアナリスト

    セキュリティの専門家として、組織がサイバー攻撃を受けた時に、その攻撃手法を分析して迅速に対応します。

INTERVIEW

現場インタビュー

KDDIデジタルセキュリティを担当している方や、実際に就業中の方に働く魅力をお伺いしました。

KDDIデジタルセキュリティ
担当者 Aさん

企画から運用まで
幅広い業務を担当できます

他のセキュリティ会社では、工程別や役割別で担当が決まっており、セキュリティ全体設計や運用が見えにくいことが通例です。当社では、通信事業を支えるセキュリティ基盤を提供しており、担当いただく業務では、企画から運用まで担当いただくことも多々あります。
また、KDDIグループ会社(国内外)のセキュリティを強固にするために、日々、新しい脅威や攻撃などの情報収集、分析を実施し、グループ各社に情報発信を行っています。
エンジニアとして、更なるキャリアステージをビルドアップしていきましょう。

就業中のMさん
エンジニア歴6年 就業1年目

大手ならではの
スケールの大きい仕事

セキュリティエンジニアにとって、大手通信キャリアのセキュリティに携われるというスケールの大きい仕事ができるのが魅力です。大きい組織になると「お堅い」イメージがつきものですが、業務内容がオープンで、人とのコミュニケーションを重視しています。
セキュリティ未経験からこの就業先を選択しましたが、今では、インシデントや脆弱性対応、セキュリティ推進プロジェクトにも参画しています。

就業中のYさん
エンジニア歴10年 就業1年目

実業務以外の技術習得に
意欲的

現場の声を反映出来る環境があり、自分の意見から、業務を改善できる実感があります。人材育成にも力を入れられており、実業務以外の技術習得にも取り組める就業先です。
セキュリティ業務は残業が多いといったイメージがあるかもしれませんが、ほとんど残業なしで、ワークライフバランスが取れています。

資格取得支援の特典あり

ご就業が決定した方には、
下記A・Bのどちらかをプレゼント!
自己成長を応援します。

  • A

    e-learningで学べるライセンスを贈呈
    CompTIA Network+ ・ Security+ ・ CySA+

    CompTIA Network+ とは?
    世界中の企業で、自社のネットワーク技術者の育成のために活用されています。また、パートナー企業や技術者を採用する際のスキル基準として活用をされています。米国国防総省では、継続的に取得が必須な認定資格として活用されています。
    CompTIA Security+ とは?
    業務を遂行する上で必須となるエントリーレベルのセキュリティスキルおよび知識を判断する、国際的に認められた認定試験で、世界中の企業およびセキュリティプロフェッショナルに活用されています。
    CompTIA CySA+ とは?
    ITセキュリティにおける分析と、セキュリティ全体の改善を実行するために必要となるスキルを習得することができます。企業/組織の重要なインフラやデータのセキュリティを維持するために必要となる脅威検出/脅威分析のツールを使用、分析、監視するスキルを証明します。
  • B

    テキスト贈呈
    IPA 基本情報処理技術者試験・応用情報処理技術者試験

    IPA 基本情報処理技術者試験 とは?
    国家試験である情報処理技術者試験のひとつで、ITエンジニアの基礎的なスキル基準として広く活用されています。「高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者」を対象とします。
    IPA 応用情報技術者試験 とは?
    基本情報処理技術者試験の上位資格で、ITエンジニアとしてレベルアップを図るためのスキル基準として広く活用されています。「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象とします。

応募〜登録・就業までの流れ

「求人内容を見る」ボタンから進み、ご希望のお仕事にエントリーください。
パーソルテクノロジースタッフにご登録いただいていない方は、そのまま「新規登録」へ進んでいただき、
スタッフ登録をお済ませください。

  1. STEP 1

    お仕事へエントリー

  2. STEP 2

    マイページ開設※1

  3. STEP 3

    派遣スタッフ登録※1

  4. STEP 4

    お仕事紹介※2

  5. STEP 5

    就業スタート※3

  • ※1パーソルテクノロジースタッフにご登録いただいていない方のみ
  • ※2キャリアアドバイザーが、ご経歴やスキル、ご希望条件をお聞きした上でエントリーいただいた求人の詳細をご案内しますが、場合によっては、ご経歴やお持ちのスキルによってはご希望に沿えない場合もございます。
    また、ご希望に応じて、キャリア相談、他のお仕事についてのご相談も承ります。
  • ※3就業開始後は、パーソルテクノロジースタッフの担当者がサポートするほか、就業先であるKDDIデジタルセキュリティでもOJTを通じてキャリアアップを支援します。
求人内容を見る