【参加無料】企業向けドローン活用セミナー 2019年12月24日(水)16:30~18:00

ドローンを通じて考える、
これからのIoT・ビジネス

近年、Society5.0で実現する社会を目指し、IoTを始めとした様々な知識や情報を取得する、またそれを利用するテクノロジーが注目を集めています。しかしながら、まだまだIoTとは何か?、IoT化をすることで具体的に何が変わるのか?などの本当にビジネスで必要な知識まで広く知れ渡ってはいないのが現状です。

本セミナーでは、最新テクノロジーの代表例としてドローンを取り上げ、IoTの概念と取り巻く環境をお伝えします。そして、IoT社会において「何ができる/できない」を考える素地を作ることで、皆様Society5.0時代のビジネス創造に向け、サポートさせていただきたいとパーソルテクノロジースタッフは考えています。

【お知らせ】 12/24 申し込みの受付を終了いたしました。

開催要項

開催要項

開催日時
2019年12月24日(火)
16:30 ~ 18:00 (受付16:00~)
開催場所
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル51F セミナールームA
定員
50名
※1社2名様まで:ご応募多数の場合は抽選とさせていただきます
※当日は名刺をご持参ください
主催
パーソルテクノロジースタッフ株式会社
do株式会社

こんな方におススメ

  • IoT事業、ドローン事業の立ち上げを検討されている方
  • 経営企画や新規事業開発に従事されている方
  • コスト削減、業務効率化というキーワードに興味がある方
ドローン活用に少しでもご興味がある方は、お気軽にご参加ください!!

講師プロフィール

高原 正嗣 氏

高原 正嗣 氏
do株式会社 代表取締役社長

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIの子会社であるdo株式会社は「ドローンで社会を豊かに」をコーポレートミッションとし、ドローンの利用を促進すべくマッチングサービス、教育事業、ソフトウェア開発等を行なっています。

プログラム

オープニング 
16時30分~16時45分

Session1:ドローンを取り巻く環境 
16時45分~17時10分

新しいテクノロジーが社会実装されていく際に使われる技術、それを受け入れるためのルールなどについて、ドローンの事例を通じてご紹介します

Session2:ドローンが発揮する価値 
17時15分~17時35分

ドローンとは何か?特に産業面で何ができるものなのか?をお話しいたします。また、どのような産業で活躍しているかについても、幅広くご紹介いたします。

Session3:産業分野別ドローン活用例から見る未来社会 
17時35分~18時00分

特定の産業の事例をピックアップし、そこではどのような機器・ソフトウェアが有機的に動き、価値を発揮しているかをご紹介します。その事例からIoT社会のイメージを膨らませていきます。

お問合わせ

  • 進行中のプロジェクトに活用したい
  • 新しい企画の参考にしたい

など、ドローンの活用に関するご相談は以下よりお問い合わせください。

法人のお客様のお問合せ先
mail: engineer-techstaff@persol.co.jp
TEL: 0120-450-551
  • ドローンにおいて、より専門性を活かした仕事をしたい
  • 趣味を仕事にも活かしたい

など、ドローンの仕事に興味がある方は以下より詳細をご確認ください。

個人の方はこちら※do株式会社のページに遷移します。

過去開催内容

2019.8.28 気象分野から考えるドローンの未来 ~ドローン向け高精細気象予測と有人機との衝突回避について~

高森 美枝 氏

高森 美枝 氏
株式会社ウェザーニューズ SKY(航空気象コンテンツサービス)グループリーダー

ウェザーニューズでは1985年から34年間、エアラインや、ビジネスジェット、ドクターヘリ等のヘリコプター、小型航空機に対し、安全に運航する(離着陸や最適なルート/高度の判断支援)為の航空気象情報をご提供をして参りました。
本社のある千葉市にて東京圏国家戦略特別区域会議の下、ドローン宅配等分科会が始まり、ドローンの安全運航に対するニーズが高まってきた2016年に、Drone Business Projectを社内で立ち上げ、ドローンが飛行する低高度、高精細な気象情報の開発を行い、現在ユーザー様へのサービス提供を行っております。

2019.4.23 ゼンリンが語るドローンビジネス最前線

深田 雅之 氏

深田 雅之 氏 株式会社ゼンリン IoT事業本部 IoT事業推進部 ドローン推進課 課長

2006年 ゼンリン入社。経営戦略部門で同社中期経営計画の策定に従事。 その後、国土交通省国土技術政策総合研究所へ出向し、自動運転や交通ビッグデータ分析の研究に取り組む。同社帰任後、ドローン事業を推進。

2018.12.18 【ANA】エアラインが作る未来~ドローン事業化プロジェクトの現在

保理江 裕己 氏

保理江 裕己 氏
ANAホールディングスデジタル・デザイン・ラボ イノベーションリサーチャー
兼 ドローン事業化プロジェクト ディレクター

2009年4月 ANAに総合職技術職として入社。
パイロットの運航手順を作成する運航系の技術業務の後、航空機整備の技術企画業務、2016年7月に公募にてANA デジタル・デザイン・ラボに異動。現在は、ANAのドローン事業化プロジェクトをリードし、ANAグループにおける新たな事業ドメインの創出に挑む。

2018.10.10 建築物検査のリーディングカンパニー ERIソリューションが手掛けるこれからの点検

大場 喜和 氏

大場 喜和 氏
株式会社ERIソリューション 本部長代行 博士(工学)
一級建築士/性能評価員CASBEE建築評価員

ERIソリューションはドローン建築物外壁調査を日本初として実施し、その後約40棟において可視カメラ・赤外線カメラをデュアル化し搭載したドローンにより、基準法12条の定期報告や一般調査としての外壁調査を行なってきました。
赤外線調査の普及のため、従来の打診調査や引張試験等と赤外線画像分析を整合させることで赤外線調査への理解度を深め、現在これらの基準データから取得画像の自動分析ソフト化を目指しています。
ここに至るまでの過程を、ドローン導入時からの事例を交えお話いたします。

2018.7.26 コマツが創る未来の建設現場 ~ドローンによる測量業務支援~

コマツ ロゴ

村上 数哉 氏 コマツ スマートコンストラクション推進本部 主幹

コマツは建設現場のあらゆる情報をICTでつなぎ、安全で生産性の高い「未来の建設現場」を実現するソリューション事業「スマートコンストラクション」を提供しています。ドローンで測量した3次元データを利活用し、建設生産プロセス全体を効率化する。そのような先進的な取り組みを行なっているコマツのドローン活用の方法やメリットについて具体例を交えながらお話いたします。