フロントエンドエンジニアの派遣求人特集

「フロントエンドエンジニア」とは?

フロントエンドとは、WebサイトやWebアプリでユーザーに接する部分を指します。このフロントエンド側の設計・開発・構築を行うのが、フロントエンドエンジニアです。具体的にはwebデザイナーが作成したサイトデザインをベースに、HTML、CSS、JavaScript」などを使用してウェブサイトを設計・構築し、作成した通りのデザインをブラウザ上で正しく表示させる、実装するのがフロントエンドエンジニアのミッションです。
そのため、ユーザーの目に見える部分や直接操作する部分を設計構築したい人、まずユーザーを大切に考えたい人にとって、最適なポジションです。
最近はWebサービスの企画段階から、フロントエンドエンジニアを関わらせる企業が増え、フロントエンジニアの意見が企画や改善に活かされる場面が昔より多くなっています。

「フロントエンドエンジニア」に必要な資格やキャリアデザインは?

フロントエンドエンジニアの仕事には、HTML、CSS、JavaScriptなどを使ったコーディングスキルが必要です。また、CMSのカスタムやフォーム作成などのシーンでは、バックエンドの知識が求められるのでPHPなどのバックエンド言語についても知っておくのが良いでしょう。さらにフロントエンドと、サーバーやデータベースなどのバックエンドとのデータのやりとりに通じていると、サービスの改善を即座に行うことができ、仕事の幅がさらに広がります。
一般的にコーディングを担当する実装部隊のフロントエンドエンジニアよりも、進行管理やマネジメントを行う方が高収入を見込めます。フロントエンドエンジニアからのキャリアパスとして、プロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)を目指すこともできるでしょう。
新しいプラグインやライブラリ、開発手法は次々と生まれるので、知的好奇心がある人に向いています。

フロントエンドエンジニアに向いている人は?

  • Webサイトの制作に深く関わりたい人
  • 仕事を通じて多くのユーザーに評価・支持されるWebサイトをつくりたい人
  • 新しい技術をキャッチアップする好奇心がある人

909

  • 並び順

  • 表示件数

909

  • 並び順

  • 表示件数

プログラミング言語から探す