1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. Go言語のプログラミングでできること・作れるものは?言語の特徴とメリット

Go言語のプログラミングでできること・作れるものは?言語の特徴とメリット

IT/Web派遣コラム この記事は約 8 分で読めます。

Go言語は、2009年にリリースされたGoogle発のプログラミング言語です。リリースから徐々に開発環境が整い、2015年にはスマートフォンにまで開発のフィールドを広げています。また、初心者でも読み書きが容易なことや処理速度の早さから、HackerRank社が実施したエンジニア対象の調査「次に学びたいプログラム言語2020」において1位を獲得。人材市場でも注目度が高い言語です。

企業でもGo言語を扱えるエンジニアの採用を急いでいますが、伸びている需要に対して供給が追い付いていない現状のため、Go言語の習得はいまが狙い目のタイミングといえるでしょう。将来性の高いGo言語について、その特徴やできること、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

Go言語とは

画像引用元:Go公式サイト
(※リンク先サイトは英語表記です。Google Translateで日本語表示に切り替えています)

Go言語は、2009年にGoogleがリリースしたプログラミング言語です。正式名称は「Go(ゴー)」ですが、「行く」の英単語と混同されるため、「Golang(ゴーラング)」や「Go言語」と呼ばれるのが一般的です。

Go言語の開発は、UNIXの開発に携わったロブ・パイク氏と、UNIX・C言語の開発に携わったケン・トンプソン氏が行っています。C言語をモデルとし、文法の多くを受け継いでおり、C言語並の処理速度、さらにC言語以上のシンプルさと使い勝手の良さが特徴です。

また、macOS、Windows、LinuxなどさまざまなOSで動作する、環境を選ばない点も人気の理由です。そのため、比較的新しい言語であるにもかかわらず、多くの企業がシステムやソフトウェア開発に採用しています。

Go言語の特徴

Go言語の特徴として外せない、3つのポイントを見ていきましょう。

  • 記述がシンプル
  • 処理速度が速い
  • 標準パッケージが充実

Go言語は読み書きが容易で、外部のライブラリに頼ることなく開発が可能です。また、コンパイル言語であることから処理も高速で、取り扱いやすい言語となります。

記述がシンプル

Go言語は、扱いの難しい機能を排除したシンプルな言語構造となっており、誰が書いたコードでも読み解きしやすく、高い開発効率を実現します。シンプルな分、厳格な記述ルールが存在しているため、書き方で躊躇するということもありません。

記述しやすい・読みやすいといった点から、経験の浅いプログラマーでも比較的学習しやすい言語といわれています。

処理速度が速い

Go言語は、機械語に一括変換してから実行するコンパイル言語であるため、その処理速度の速さも大きな特徴といえます。

さらに、記述様式が限定されているため内部での処理も簡易化されているほか、並行処理が得意なことも、軽量・高速処理に寄与しています。

標準パッケージが充実

Go言語には、制作ツールがパッケージ化された「Go mobile」や「Go Cloud」など豊富なパッケージが標準装備されており、サードパーティライブラリに頼ること無く開発に取り組めます。

Go言語でできること・作れるもの

アプリやWeb、APIなどの複雑なツールから、ちょっとしたツールの開発まで、Go言語のみで幅広い領域をカバーできます。

  • アプリケーション開発
  • Webサーバー構築
  • CLI開発
  • API開発

アプリケーション開発

Go言語はスマートフォン向けのアプリケーション開発に使用されています。AndroidのみならずiOSにも対応しており、開発環境を選ぶこともありません。

また、モバイルアプリの制作ツールがパッケージ化された「Go mobile」や「Go Cloud」を利用すれば、Web・アプリ用など書き方を変えることなくスマートフォンアプリの開発ができる汎用性の高さも人気の理由の1つです。

Webサーバー構築

Go言語では、Net/httpパッケージを使用すれば、Webサーバーを簡単に構築できます。他言語でWebサーバーを構築する際に必要なApatchなどは必要とされません。サービスからサーバーの構築まで、Go言語で一貫してカバーできるため、作業効率も向上します。

CLI開発

CLIとは、Command Line Interface(コマンドラインインターフェース)の略で、コマンドを実行する画面で動くツールのことです。

Go言語はクロスコンパイル機能により環境を選ぶことなく、OSやバージョン、プラットフォームによる依存関係を気にせずに開発できるため、CLIで動作するアプリ制作にも最適な言語といえます。

API開発

APIとは、Application Programing Interface(アプリケーションプログラミングインターフェイス)の略で、アプリケーションやソフトウェアなどの一部を公開することで、外部ソフトと機能を共有できるようにするインターフェイスの仕様です。

Go言語でのAPI開発には、さまざまなメリットがあります。

  • サーバー移設の場合でも追加開発が必要とされないことが多い
  • 並行処理のコーディングが容易
  • メンテンナンスや開発者が変わっても対応しやすい

Go言語の「環境にとらわれない」「記述が容易」「誰でも読みやすい」といった特徴が、API開発に最大限に発揮されます。

GO言語のメリット

ここまで見てきたGo言語の特徴から、メリットとなる部分をまとめます。

  • プログラミング初心者でも理解しやすい
  • 並行処理が可能
  • 安全性が高い

初心者が理解しやすい

Go言語は記述がシンプルであることから、初心者でも理解しやすい言語です。経験の浅いプログラミング初心者であっても、比較的習得しやすい言語に位置づけられるでしょう。

並行処理が可能

並行処理とは、複数の動作を同時に処理することです。Go言語では、マルチスレッド機能であるゴルーチン(※Go言語特有のもので、ルーチンのGo言語版)やゴルーチンにメッセージを送るチャネルを駆使して、CPUへの負荷を気にすることなく処理を実行できます。

また、並行処理に加えて、PHPが苦手とする分野であるエラーチェックにも優れている点から、PHPの代用言語として用いられる場合もあります。

安全性が高い

Go言語は型宣言が必須のため、メモリの解放忘れが起こりにくく、安全性の高い言語として認識されています。また、記述方法のルールが厳格で、複数人が携わっても表記ブレが置きにくいといった点においても、安全性が保たれやすい言語です。

Go言語のデメリット

一方、Go言語にはデメリットも想定され、同じような処理・クラスを作るのに再度記述が必要、エラー箇所が分からないといった点が懸念されます。

  • Genericsがない
  • コードの継承がない
  • 例外処理がない

Genericsがない

Genericsとは、「<>」記号で範囲指定することで、特定のデータ型に依存しないプログラム処理を実行するための機能です。汎用性の高いGenericsがないとなると、同じような処理を作るために都度、型を用意しなければいけなくなります。

コードの継承がない

コードの拡張性を高めたり再利用したりするうえで便利な「継承」のサポートがない点もGo言語のデメリットとなります。すでにあるクラスの構造を発展させて新たなクラスを作ることができないため、新たなクラスを作るのに1から構造を作る必要があるのです。

ただし、埋め込みという形で代用が可能です。継承するよりも少々手間がかかりますが、継承とほぼ同じようなこともできます。

例外処理がない

例外処理とは、コンパイル時には上手くいった処理が、実行時にエラーとなった場合に、「処理を止める」や「エラーメッセージを出す」といった処理のことです。

例外処理がないことで考えられるデメリットは、どこでエラーが起きているのか分からないといった点です。そのため、エラーの原因を突き止めるのに時間を要することが多々あります。

Go言語のインストール方法

画像引用元:Go公式サイト
(※リンク先サイトは英語表記です。Google Translateで日本語表示に切り替えています)

公式サイトのダウンロードを押してダウンロード
 

画像引用元:Go公式サイト
(※リンク先サイトは英語表記です。Google Translateで日本語表示に切り替えています)

OSを選択

画像引用元:Go公式サイト
(※リンク先サイトは英語表記です。Google Translateで日本語表示に切り替えています)

ダウンロードしたファイルを開く

ダウンロードしたファイルを開くとダイアログが表示されるので、「Next」をクリックします。

Go言語の保存先ファイルを選択

ファイルの保存先を選択して、「Next」をクリックします。

「Install」をクリック
 

クリックすればインストールが始まります。

このように、Go言語はGo公式サイトから簡単にインストールが可能です。さらに公式のチュートリアルサイト(※英語版)も公開されており、すぐに習得に取り掛かれます。

エンジニアが「次に学びたい言語」に選ばれ、さまざまな企業や人材市場からも高い関心を寄せられているGo言語。この機会にぜひ学習してみてはいかがでしょうか?

まとめ
  • Go言語は2009年にリリースされた比較的新しい言語
  • C言語の処理速度を受け継ぎ、記述はよりシンプルになっている
  • コードがシンプルで、初心者でも習得しやすい
  • コンパイル言語であるため処理速度が速い
  • 標準パッケージが豊富なため、外部ライブラリに頼る必要がない
  • アプリケーション・CLI・APIの開発、Webサーバーの構築が可能
  • Generics・継承・例外処理がないことがデメリット

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の 注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Emotet(エモテット)とは?感染回避の対策方法

  • LINEアバター作成方法~~機能の使い方と作成できないときの対処法を解説!

  • Vivaldiブラウザとは?軽さ・速さ・機能性特化の特徴と使い方

  • Googleが独占禁止法違反で提訴されたのはなぜ?反トラスト法違反の疑いとは

  • Webにかかわる人なら覚えておきたいHTTPステータスコード

  • Chromeの更新ができない時の解決法【Androidスマホアプリ・PCブラウザ】

PAGE TOP