1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. 初めてSwiftでアプリ開発する方へ!環境構築からアプリ公開までの流れを解説

初めてSwiftでアプリ開発する方へ!環境構築からアプリ公開までの流れを解説

IT/Web派遣コラム この記事は約 7 分で読めます。

「Swift」は、Apple社が開発し、2014年に発表されたプログラミング言語の1つです。

主にApple製品を対象とした言語で、iPhone、iPadのためのiOSやApple WatchのためのWatchOS、macOS向けのアプリケーション開発などに利用されています。

Swiftを使ってどのようにアプリを開発していくのでしょうか。

必要な環境や公開方法、実際に開発を行うまでの流れについて説明していきます。

 

Swiftでアプリを作るための開発環境を整えよう

Swiftでアプリを開発・リリースするためには、前提として以下の3つを用意しなければなりません。

 

  1. Appleのサービスを利用するための「Apple ID」
  2. アプリ開発のための「Xcode」
  3. 開発したアプリをApp Store内で配布するための「Developer ID」

 

Xcodeとは、Apple社が開発・リリースを行っているソフトウエアです。

iOSやmacOS向けのアプリ開発に特化しており、デスクトップアプリやスマートフォンアプリを制作する際に必須のツールです。

ファイル管理から、コンパイル、ビルド、デバッグ、実機検証まで、アプリ開発の工程を一貫してサポートしているため、統合開発環境IDE)とも呼ばれています。

 

また、Swiftでの開発環境ではmacOSがインストールされたPCが必要になります。

Swiftは2015年にオープンソース化され、WindowsやLinuxでも動作するようになりましたが、環境構築のための手順が複雑なので、初めて触れる方はMac環境下での開発が無難でしょう。

その他、制作したアプリの登録や公開手続きを行うために、当然ですがインターネットの接続環境が必要です。

MacにXcodeをインストールするためにはmacOSのバージョン確認も必要なので、忘れないようにしましょう。

 

Swiftを使ったアプリ開発の例と基礎学習の方法とは

Swiftを使って開発できるアプリは、

  • iOSアプリ
  • macOSアプリ
  • watchOSアプリ
  • tvOSアプリ
  • Webアプリ

の5つです。

世界的に有名なパズルゲームアプリの「2048」や、FlickrのAPIを使って人気写真を見ることができるアプリ「SwiftFlickerApp」、そして3D Touchを利用したスケッチアプリ「ForceSketch」など、Swiftで開発されたアプリの事例は数多くあります。

 

元々、Apple製品のアプリ開発には「Objective-C」というプログラミング言語が用いられていました。

SwiftはObjective-Cと比べて、シンプルで理解しやすく、動作も軽量なプログラミング言語で、現在ではObjective-Cに代わってアプリ開発における主流の言語です。

 

また、学ぶ上でのリソースがインターネット上に多く出回っているため、学習のためのコストを低く抑えられる点もメリットです。

Swiftの基礎学習として、「Swift Playgrounds」という無料アプリがおすすめです。

Swift PlaygroundsはAppleが公開している公式のアプリで、プログラミングとはどのような動作を行い、どのように記述するのかをゲーム感覚で学習することができます。

初めてSwiftを触る人にはまさにうってつけだと言えるでしょう。

 

Swiftをさらに学ぶためのおすすめ教材を紹介

インターネット上では、Swift学ぶためのWebサービスが多く出回っていますが、その中でもオンラインプログラミング学習サービスの「Progate」は無料で利用ができ、Swiftの基本から応用までをレクチャーしてくれるサービスです。

 

また、5000本以上の動画から学べる学習用Webサイト「ドットインストール」も有用です。

無料と有料で学べる受講プログラムに分かれているため、自身のレベルに適した学習環境で利用することが可能でしょう。

 

インターネット以外での学習方法として、書籍の購入もおすすめです。

ただし注意点として、Swiftのバージョンがアップデートされると前のバーションとの互換性が無くなってしまうので、最新のバージョンに合わせた一冊を購入しましょう。

2019年3月時点での最新の書籍をご紹介します。

 

  • 藤 治仁・小林 加奈子・小林 由憲著『たった2日でマスターできるiOSアプリ開発集中講座Xcode 9/Swift 4対応

(ソシム:http://www.socym.co.jp/book/1187

 

  • 飛岡 辰哉著『Swift 4プログラミング入門 iOS 11+Xcode 9対応

(ソシム:http://www.socym.co.jp/book/1153

 

Swiftで開発したiPhoneアプリの公開方法

実際にSwiftで開発を行ったアプリをApple Storeで公開するには、以下の手順に沿って進めます。

 

  1. iOS Certificate(証明書)を作成。
  2. Xcodeを使ってコード記述、デバッグを行う。
  3. App Store Connectにアプリをアップロードするため登録を行う。
  4. Xcodeから作成したアプリをアーカイブし、App Store Connectにアップロード。
  5. App Store Connectへのアプリ提出のための情報を登録。
  6. 審査へと提出。

 

その他、アプリを公開する際の注意点がいくつかあります。

まずApple Storeでのアプリ公開する上で、11,800円の年会費(2019年3月現在)を支払い、iOS Certificate(正規開発者証明書)の発行が必要です。

また、アプリのアップロードにはXcodeが必要となるため、Macで作業しなければなりません。

さらに下記の事前情報なども合わせて必要です。

 

  • アプリの名称(30文字以内。既存で使われている名称は使用不可)
  • サブタイトル(30文字以内。iOS11以降のバージョンでのみ表示)
  • アプリの説明文(4000文字以内)
  • プロモーション用テキスト(170文字以内。iOS11以降のバージョンでのみ表示)
  • アプリの販売価格
  • アプリ検索のためのキーワード(100文字以内)
  • App Store用のアイコン画像2枚(1024px×1024px、JPEG/TIFF/PNG)
  • アプリのスクリーンショット(電源ボタンとホームボタンを同時押しして撮影)
  • 開発者連絡用のメールアドレスおよび電話番号(公開はされません)

 

ますます需要が高まるSwiftを今のうちに学ぼう!

Swiftは2014年に登場したばかりの比較的新しいプログラミング言語です。

そのため、JavaやC言語などの古くから使われてきた言語と比べると扱えるプログラマーがまだまだ少なく、アプリ開発を行う企業からの需要は高いと言えるでしょう。

また、Swiftは初心者にも比較的優しい言語なので覚えた知識が身に付きやすく、学べば学ぶほど即戦力のプログラマーとして活躍できるチャンスが広がります

アプリ開発に興味がある方はぜひ修得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自分がダメだと思うフリーランスは「デッドライン症候群」を疑ってみよう

  • 今注目されているデータサイエンティストの年収はいくら?

  • アドビ認定アソシエイトIllustratorの紹介

  • ITやインフラ業界でのサポート役となる「PMO」とは何か?

  • 導入が進む「アジャイル開発」の概要とポイント

  • 【Windows10】Cortana完全に無効化する方法とは??

PAGE TOP