1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. どっちが良いの?IT派遣エンジニアと正社員のメリット・デメリット

どっちが良いの?IT派遣エンジニアと正社員のメリット・デメリット

IT/Web派遣コラム この記事は約 9 分で読めます。

近年、IT人材への需要が急速に高まっています。それとともにITエンジニアにとっての働き方の選択肢も急速に増えてきました。

その代表例が派遣社員という働き方です。

一方で、どんな働き方が「本当に自分に合っているのか」と考えてしまう人も多いかもしれません。

そこでこのページでは、IT人材に対するニーズの動向とともに、派遣社員として働いたときのメリットやデメリットを、正社員として働いた場合と比べながら紹介していきます。

ITエンジニアとして理想のキャリアを築くためのヒントにしてください。
※本ページでは有期雇用の登録型派遣という形態で働いている人を「派遣社員」と表現しています。

 

高まるITエンジニアの需要、広がるITエンジニアの働き方

2016年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、ビッグデータやIoT、AIといった新しい技術やサービスの登場で、ITの利用や活用に関する高度化や多様化がますます進むと予想されており、中長期的にIT人材に対する需要が高まり続けることが見込まれています

また、2010年代の後半から2020年にかけて産業界で大型のIT関連投資が続くことや、情報セキュリティなどに対するニーズが高まることを背景に、国内のIT人材はますます不足するといいます。

 

このIT人材の中核をなすのがITエンジニアです。

ITエンジニアへの需要の高まりは働き方の選択肢に大きな広がりをもたらしています。

自身のキャリアプランに合わせて、 正社員、派遣社員はもちろん、フリーランスなど、さまざまな働き方を、容易に選ぶことができるようになっているのです。

ITエンジニアが選択できる、主な働き方の名称と定義を表にまとめたので確認してみましょう。

 

ITエンジニアの主な働き方

正社員 「期間の定めのない労働契約」を結び、終身雇用を前提とした雇用契約で働く働き方。
一般的に、フルタイムで働く社員を指す。
派遣社員 派遣会社と無期あるいは有期の雇用契約を結び、派遣元が労働者派遣契約を結んでいる派遣先の企業で働く働き方。
契約社員
(有期労働契約の労働者)
労働者と会社との合意で「期間の定めのある労働契約」を結んで働く働き方。
パートタイム労働者 アルバイトやパートタイムで働く働き方。
パートタイム労働法で定義されている「短時間労働者」のことを指し、通常の労働者と比べて1週間の所定労働時間が短い
個人事業主
(フリーランス)
特定の企業や団体などと雇用契約を結ばず、自ら事業を行う働き方。
仕事ごとにクライアントと業務委託契約や請負契約を結び、「労働者」ではなく、「事業主」として扱われる

 

正社員と比較したITエンジニアが派遣社員として働くメリット

需要の高まりとともに急速に広がる、ITエンジニアとしての働き方の選択肢。

続いては、派遣社員として働いた場合に、どのようなメリットがあるのかを、正社員として働いた場合と比較しながらチェックしてみましょう。

 

ITエンジニアが派遣社員として働く最大のメリットは、キャリア選択の自由度の高さです。

正社員と違い、スキルや知識に照らし合わせて自分に合った職種を選ぶことが可能で、さらに派遣先の企業の業界を変更すれば、同じ職種でも未経験の業界を知ったり、新しいスキル、知識を手に入れたりすることができます。

 

また、給与にはスキルが反映されるケースが多く、スキルの高い人には相応の収入が用意されます。

正社員の場合、会社が用意したキャリアの方向性、給与水準に、ある程度縛られてしまうのは避けられません。

しかし、IT業界といえども仕事の種類や給与は様々です。

その1つひとつを、選択肢として検討しながらキャリアを積んでいくことができるのは、派遣社員ならではといえるでしょう。

 

ワークライフバランスのとりやすさも派遣社員として働くメリットの1つです。

ライフスタイルに合わせて勤務時間や契約期間、勤務地などを自由に選択することが可能で、柔軟に働くことができます。

プライベートを充実させるために、残業や休日出勤がない職場を探すことも可能ですし、収入を増やしたいなら、仕事の多い職場を探すこともできます。

また、正社員として働くと、突然の転勤や部署異動を余儀なくされることもありますが、派遣社員であれば希望と異なる勤務地や部署への異動を強いられることは原則としてありません

 

そのほか、派遣会社によっては、職種などに特化したキャリアコーディネーターキャリアアドバイザーと呼ばれる人が在籍している点にも注目したいところ。

キャリアコーディネーター、キャリアアドバイザーは、仕事上の悩みやキャリアプランについて相談に乗るプロです。

正社員として働くと、上司や先輩が多忙すぎたり、上司や先輩とそりが合わなかったりすると、相談をしづらくなるケースがあります。

しかし、キャリアコーディネーター、キャリアドバイザーになら、悩みが生まれたときに気軽に相談することができます。

 

派遣社員のメリット

  • 様々な派遣先を経験することで幅広いスキル・知識を身に付けられる
  • スキルに応じた高い収入を得られるケースが多い
  • プライベートの都合に合わせて、仕事を選択できる
  • 会社都合の配置転換や転勤の影響を受けなくて済む
  • キャリアアドバイザーやコーディネーターに仕事の悩みなどを気軽に相談できる

 

正社員と比較したITエンジニアが派遣社員として働くデメリット

一方で、ITエンジニアが派遣社員として働くときに、正社員と比べてデメリットが生まれる部分もあります。

代表的なのが雇用の安定という側面です。

 

正社員は多くの場合、終身雇用を前提としているため、企業に所属している限り、仕事を失う期間は存在しません。

しかし、派遣社員は、派遣元と派遣先との間に結ばれている労働者派遣契約に応じて雇用期間が定められています。

その契約が切れてしまうと、どんなに気に入っていた職場であっても働くことができなくなってしまうのです。

次の派遣先が見つからなければその期間の給料も発生しません。

 

ただし、前述の通り近年のITエンジニア業界は人手不足に襲われています。

よほど選り好みをしなければを長期にわたって派遣先が見つからないというケースはないでしょう。

さらに、スキルを積み重ねた技術力のあるエンジニアなら、時給単価が高い分だけ正社員よりも短・中期間では多く稼げることもあります。

 

IT分野では派遣社員と正社員の差は小さい

ここまで、ITエンジニアが派遣社員として働いた場合のメリット・デメリットを正社員の場合と比較する形で解説してきました。

しかし、実際のIT業界では、働き方が要因となるメリット・デメリットはどんどん少なくなってきています。

 

理由は以下の通りです。

  • IT業界はたとえ正社員であっても人材が流動的で、転職する人が多い
  • 今の時代、どの業種でも先行きは不透明であり、正社員として終身雇用されていても会社自体の安定性がそれほど高いとはいえない
  • 年功序列システムが廃止され、実力で判断する企業が増えてきている
  • 小さな規模の企業だと、経営陣などが創業初期の社員で占められており、出世が望めない

 

このような事情から、実はIT企業の正社員の雇用の安定性はそれほど魅力的ではなくなってきているのです。

他の業種と比べて特に技術革新の激しいIT分野では、変化に対応するために雇用の柔軟性が増しています。

働き方による給与、雇用の安定性などの差は小さくなってきているといえるでしょう。

 

広がるITエンジニアの活躍の場

ITエンジニアにとっての活躍の場も急速に広がりを見せています。

アプリケーション・システムの開発はもとより、ソフトやハードウェアの不具合や問い合わせに 対応するヘルプデスク、さらには営業を技術面から支援するセールスエンジニアの仕事など、幅広い分野からITエンジニアの能力が求められているのです。

ITエンジニアにとっては、自分のスキルや志向に合った職種を選択ができる環境が整ってきているといえるでしょう。

 

ITエンジニアがかかわる職種の代表例

アプリケーション・システム開発 プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェア・アプリケーションの設計、開発を行う。
ネットワーク・サーバーエンジニア ネットワーク、サーバーの構築や、運用、保守を行う。
テクニカルサポート・ヘルプデスク ソフトウェア・ハードウェアの操作方法、故障の対応や問い合わせなど、社内外から寄せられるIT関連への回答を行う。
テスト・検証・評価 システム開発エンジニアが 開発したシステムやソフトウェアが設計目標通り動作するか検証を行う。
OAインストラクター パソコンなどのOA機器の操作方法やソフトウェアの使い方のレクチャーを行う。
セールスエンジニア 営業を技術面からサポートし、顧客への提案や説明対応を行う。

 

派遣社員という働き方が自分の可能性を広げてくれる

派遣社員と正社員、働き方によってメリット・デメリットがあることは事実です。

しかし、IT業界においてはその差は急速に少なくなってきており、ITエンジニアがより自由に働き方を選べる環境が整ってきています

また、ITエンジニアが活躍できる場も増えてきました。

大切なのは、自身のキャリアビジョンやライフスタイルに合った働き方かどうかということ。

様々な業界・職種を体験して幅広いスキル・知識を身に付けたい人、ワークライフバランスを重視したい人にとっては、派遣社員という働き方は魅力的な選択肢となります。

ITエンジニアとしての自分の可能性を広げる働き方と言い換えてもいいでしょう。

派遣社員として、自分自身の手でキャリアを磨き、自由に働く、そんなキャリア形成の方法も考えてみてはいかがでしょうか。

 

パーソルテクノロジースタッフの派遣就業について詳しくこちらのページでご案内しています。

派遣就業をお考えになる際にお役立てください。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の 注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【シンギュラリティ】フィンテックがもたらすメリット・デメリット

  • 乗り換え必須!新しいアンドロイド開発環境AndroidStudio

  • Photoshop認定資格を目指すならこの2つ

  • 【教育革命】Edtech-エドテックとは? eラーニングとの違いも解説

  • 【Windows10】Cortana完全に無効化する方法とは??

  • 行動から算出されるYahoo!ユーザー信用度「Yahoo!スコア」の利用方法

PAGE TOP