1. パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣
  2. 【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報
  3. IT/Web派遣コラム
  4. どっちが良いの?IT派遣エンジニアと正社員の長所・短所

どっちが良いの?IT派遣エンジニアと正社員の長所・短所

IT/Web派遣コラム この記事は約 7 分で読めます。

「IT派遣エンジニアとして働いているけど、実際のところ正社員と比較したら給与や待遇に大きな違いはあるのだろうか?」
派遣社員として働いていると、こうしたことを考えてしまいがちです。
派遣だから悪い、正社員だから良いというものではありません。IT派遣エンジニアにも長所はたくさんあります。
今回はIT派遣エンジニアと正社員エンジニアを比較して、その長所と短所をじっくり見ていきましょう。

 

正社員と比較したITエンジニア派遣の長所

IT派遣エンジニアの長所は、何といってもキャリア形成がしやすいことです。正社員と違い自由に職種を選ぶことができ、様々な派遣先で経験を積めることから、自己のキャリアプランニングがしやすいといえるでしょう。さらに自分の収入もある程度自分の力で決めることができます。
正社員であれば、会社が用意したキャリアの方向性に、ある程度縛られてしまうのは避けられません。IT業界と言えども仕事の種類は様々ですから、その一つ一つを選択肢として検討ができるのはIT派遣エンジニアならではです。正社員であれば、一つの仕事に従事し続ける可能性もあります。その仕事が自分に合っているものならば問題ありませんが、そうでない時はしばらく辛い思いをすることもあります。
また派遣社員の場合、コーディネーターと呼ばれるスタッフに相談できることも強みです。働いてみて、もし自分と方向性が違うなと感じたら、相談することができるのは支えになるでしょう。正社員として会社に一旦入ってしまうと、今後のキャリアのことなどを考えると、会社の業務が合わないなどといったことは相談しにくいのが実情です。派遣であれば比較的気軽に相談でき、その意見が今後の派遣先に反映されることもあります。
また突然の転勤など無理な要求をされないこともメリットです。正社員であれば、転勤や単身赴任など、自分の希望ではない要求も飲まざるを得ない場合があります。派遣ではそのようなことはまずありませんので、安心して働くことができます。
その時々のライフスタイルに合わせた職選びができることもメリットです。残業や休日出勤など普段の仕事についても、派遣であれば選択肢が多いためそういったものが少ない職場を選ぶことができます。逆に何らかの理由で収入を増やしたいときには仕事の多い職を選ぶこともできます。正社員ではそのように柔軟にその時々で職を選ぶことはできません。

 

正社員と比較したIT派遣エンジニアの短所

IT派遣エンジニアの短所は、やはり収入についてです。派遣エンジニアはプロジェクトごとに職場をうつるため、安定した収入を得るには相当な努力が必要です。正社員であれば、働いていれば給料は滞りなく手に入りますし、ボーナスも貰えます。また会社の中で役職を上げていくことで収入を安定させながら増やしていくことも可能です。
しかしエンジニア派遣は次の仕事が見つからない間、給料は発生しません。そのため、収入が不安定になりがちです。また会社の役職のようなキャリアアップの道もないので安定して収入を増やすということも難しいです。
ただ近年IT業界は人手不足といわれ、両者の差は急激に縮まりつつあります。よほど選り好みをしなければを長期にわたってITエンジニアの派遣の職がないということはまずありません。
さらに派遣の職をこなしていくことによってスキルを積み重ね、時給などの単価が上がり、技術力のあるエンジニアはIT派遣として働いた方が短中期的には多く稼げることもあります。そのため例えば将来的に独立して起業したいというような場合はむしろを派遣社員の方が短期的に資金を稼げるので向いているといえるでしょう。
もちろん安定して長期的に稼ごうと考えた場合、技術力を磨いたり、自分を売り込むための工夫をしたりなどの努力が必要です。
しかし、派遣社員だから収入が低い、安定して稼げないんじゃないか、と過度に不安を感じる必要はなくなってきたのかもしれません。

 

IT分野では派遣社員と正社員の差は比較的少ない

特にIT分野では派遣社員と正社員の差はかなり少なくなってるといえます。
正社員といえどもではIT業界では雇用が流動的で転職が一般的です。さらにまだIT業界が一般化してからそれほど時間が経っているわけではないので、企業も若いところやベンチャーが多く、会社自体の安定性がそれほど高いとはいえません。そのような事情からIT企業の正社員の安定性はそれほど魅力的ではなくなってきています。
他の正社員の魅力の一つであった年功序列というシステムも、以前のように常に日本が成長してきた時代とは異なり、維持するのが難しくなっています。現在ではそれをそのまま採用しているIT企業は少数派で、多くは実力などを評価の基準としています。
社内で出世するとしても小さな会社の多いIT企業の場合は経営陣などが古株の社員でふさがってることも多く、それほど上まで出世するということが望めないこともあります。
またIT企業によっては入社してもほぼ客先常駐で派遣社員とほぼ変わらない場合もよくあります。
このように他の業種と異なり変化の激しいIT分野ではそれに対応するため雇用の方も柔軟性が増してきていると言えます。それゆえ安定性が最大のメリットであった正社員も従来のような魅力は少なくなってきています。つまり正社員の働き方はより派遣のものに近くなっているといえるでしょう。
そのためIT分野では派遣と正社員の差はもはやあまり大きくないといえるのです。

 

重要なのは正社員かどうかより何がやりたいか

このように正社員、派遣社員のいずれにも長所、短所はあります。派遣社員の立場が弱いというような考え方も一般的に多く聞かれますが、それはIT分野については必ずしも当てはまらないと考えても良いでしょう。現在では全体的にエンジニアの正社員と派遣社員の差はかなり縮まっていると考えられます。
そのため、より重要となるのは自分にとってどちらの働き方の方が合ってるかということです。
それを知るには自分の現在のライフスタイルや今後どのように働いていきたいか、どんなエンジニアになりたいか、というような将来のキャリアプランを考えておく必要があります。
正社員になるか派遣社員を選ぶかはそれによって変わり、一概にどちらがよいというわけではありません。
例えば入社した会社がある程度安定した職場で少しずつ人間関係なども積み重ねていきたいという場合もあるでしょう。また、常にいろいろな最新の技術を取り入れてそれを活用できる職場で働きたいという場合もあるでしょう。前者であれば正社員として会社にとどまり、後者であれば派遣社員でなるべく多くの仕事をこなすのがその人にあっているといえます。
このように最も重要なのは自分が何がやりたいのかということと、それにあった働き方を選ぶということです。
もちろん正社員の安定性も魅力的ですが、もっと成長したい、将来の明確なキャリアプランをもっている方であれば、IT派遣エンジニアという道はとても良い選択肢ではないでしょうか。

 

エンジニア派遣は自分の可能性を試す選択肢

色々と保証されている正社員は魅力的ではあります。しかし、だからといって自分の力を試せる派遣エンジニアの選択肢を消してしまうことはありません。
自分でキャリアを磨いていく、自由な派遣エンジニアとして働く、そんなキャリア形成も考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【はたラボ】派遣のニュース・仕事情報・業界イロハ|派遣会社・人材派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフ |IT・Web・機電の派遣求人ならパーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ITやインフラ業界でのサポート役となる「PMO」とは何か?

  • 派遣法改正の歴史。なぜ届出制と許可制の二本立てが、許可制の1本立てに?

  • PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)とは?その役割と仕事

  • Googleのロゴにも使われた『子供向けコーディング言語』とは?

  • 業界注目の「Node.js」とは?メリット・デメリットも紹介

  • PHPプログラマ・エンジニアの今後や年収はどうなる?

PAGE TOP