キャリアパスに迷ったら

自身のライフプランやライフスタイル、大切にしている価値観も見据えたキャリアパスについて考えていきます。

キャリアパスとは、「将来のどの時点で、どのような仕事をしていたいか」を見定める道筋のようなものですが、人生の目標や計画(ライフプラン)、日々の理想とする生活(ライフスタイル)は、人それぞれで異なるため、理想的なキャリアパスも一人ひとり違ったものになります。まずは「どのような人生を歩みたいか」「何のために働くのか」「どのように働きたいのか」といった、自分自身のライフプランやライフスタイル、大切にしている価値観と向き合った上で、それらを実現するためのキャリアパスを描いていくことが大切です。

自分が実現したい「ライフスタイル×働き方」を踏まえたキャリアパスを描こう

多くの会社で働き方改革が進められているものの、正社員の場合、まだまだ会社中心・仕事中心の生活にならざるを得ない状況があります。

一方、派遣であれば「勤務時間帯」や「勤務地」はもちろん、「仕事の内容」や「働く期間」も選択することができるため、ライフプランやライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

「派遣」はこんな方にオススメ

  • 将来フリーランスとして働きたい
  • 自分の体調と相談しながら働きたい
  • 趣味と仕事を両立したい
  • 親の介護をしながら自分のキャリアも磨きたい
  • 副業するために残業なしで働きたい
  • 家庭の時間を大切にしたい
  • 数年後には留学したい
  • パートナーの扶養内で働きたい
  • 子育てしながら住宅購入費を貯めたい

仕事以外に優先したいこととのバランスを取りながら「勤務時間帯」「勤務地」「仕事の内容」「働く期間」をプランニングしていき、自分のライフプランやライフスタイルに合った働き方を実現しましょう。

多様化するエンジニアのキャリアパス。あなたはどの道を選びますか?

既存技術の進化や新技術の登場によって、エンジニア業務の細分化が進んでいます。たとえばアプリケーションエンジニアの場合、「PG→SE→PL→PM(下流から上流へ)」といった王道的なキャリアパスがありましたが、今後は複数の専門分野に関する知識・技術を持ったフルスタックエンジニアやマルチエンジニア、さらには金融・決済・EC・医療・動画配信といった特定の業務やサービスに特化して強みを発揮するエンジニアキャリアを選択する人も増えそうです。

また、サーバやネットワークの構築に関わるインフラエンジニアについても、「運用・保守→構築→設計→コンサルorプリセールス」というキャリアパスが一般的でしたが、クラウドの登場によって選択できるキャリアは大きく変わりました。クラウドプラットフォームを構築するエンジニアに加え、各クラウドベンダーが提供するサービスを熟知したエンジニアへのニーズも高まっています。また、インフラ技術と親和性の高いセキュリティ領域を専門に活躍するエンジニアも増えています。 このようにキャリアの選択肢が増えること自体はよいことですが、その分だけ選択に迷ってしまう場面も増えるはずです。そんなときは、ぜひ一人で悩まずにパーソルテクノロジーのキャリアアドバイザーにご相談ください。

キャリアの悩みを相談するパートナーとして、パーソルテクノロジースタッフを利用してください

皆さんには今の仕事や働き方、将来のやりたいことなどについて、身近に相談できる人はいますか? 信頼できて力になってくれる上司や先輩、友人や家族が身近にいれば一番よいのですが、「気軽に相談できる人が周りにいない」という人も多いのではないでしょうか。

また、自分一人で仕事を探そうとすると、 どうしても自分を作ってしまいがちです。「キャリアアップしたい」という希望ならともかく、「プライベートを大切にしたい」といった希望は、大事なことなのに誰にも相談できない…と感じている方も少なくないはずです。

その点、パーソルテクノロジースタッフでは契約更新のタイミングごとに、あなたのスキルやキャリアの棚卸を一緒に行い、今後のキャリアに対する希望、人生に対する価値観、普段の生活で大切にしたいことなどを丁寧に確認します。その上で「次はどんな仕事を選べばいいか」ということを、キャリアアドバイザーと一緒に考えることができます。

あなたに合う生き方や働き方を探すためのパートナとして、パーソルテクノロジースタッフを積極的に利用してみてはいかがでしょうか。人生の節目ごとに自分を見つめ直し、自分の考えや思いを正直に話していただくことで、あなたの人生やキャリアにとって、より良い方向を定めていくことができるはずです。

キャリアカウンセリング事例(1)

社内SE → セキュリティエンジニア

社内SEとして働いていたAさんは、現職では技術が身につかないと考え転職を決意。相談を受けたキャリアカウンセラーはカウンセリングの場で、問題解決能力や対人折衝力などAさんのアピールポイントを整理したほか、本人が中途半端だと感じていた技術に関しても「アプリからインフラまで幅広い知見があることを強みにできる」とアドバイスし、ニーズの高まっているセキュリティエンジニアへの転職を提案しました。その後Aさんは、当社からの派遣就業で2年ほどセキュリティ分野の経験を積んだ後、セキュリティ専門企業の正社員として迎えられるなど、ご自身が希望していたキャリアプランを着実に歩んでいます。

キャリアカウンセリング事例(2)

OAインストラクター → Javaプログラミング講師

OAインストラクターをしていたBさんは「プログラミングの仕事がしたい」と希望し、当社のカウンセリングに来られました。しかし、Bさんはプログラミング未経験であり、40代という年齢から考えても新たなスタートが難しい状況でした。キャリアアドバイザーは、「人に教える技術」「誰とでも打ち解けられる人柄」「チャレンジ精神」がBさんの強みであると分析し、Javaプログラミング講師の仕事へのチャレンジを提案。キャリアアドバイザーはBさんのためにJavaの学習方法やプログラミングを教えるためのポイントを解説するなど丁寧なフォローを続けました。約半年後、Bさんは企業にJavaの講師として紹介できるレベルにまでスキルを伸ばし、OAインストラクターからプログラミング講師への転身を実現されました。

パーソルテクノロジースタッフのキャリアカウンセリングについて

技術などのスキルアップに力を入れることは多くても、エンジニアとしての「将来を見据えたキャリアパス」について、じっくり考える機会はそれほど多くないのではないでしょうか。IT業界・ものづくり業界ともに劇的に変化している時代だからこそ、社会や経済の動向も踏まえ、ご自身のキャリアパスを今一度見直す機会として、パーソルテクノロジースタッフのキャリアカウンセリングをご活用ください。「こんな経験しかないけど、仕事ある?」「これからはどんなキャリアを歩んだらいいの? そのためにはどんなスキルを身につければいいの?」「仕事と家庭を両立するためにはどうすればいいの?」など、現在悩んでいることをそのままお聞かせください。あなたの人生や仕事に対する価値観、大切にしたいことなどをお伺いしながら、あなたの今後のキャリアを一緒に考えていきます。

キャリアカウンセリングのご紹介

パーソルテクノロジースタッフでの派遣登録がはじめての方へ

「派遣の働き方に興味があるけれど、派遣の仕組みや、派遣の種類、登録から就業までの流れ、などをきちんと知りたい。」と思われている方、不安に思っている方は、実は多いです。はじめての「派遣」でご就業される皆様に、「派遣」の働き方や、登録方法、就業についてご説明いたします。

パーソルテクノロジースタッフは
あなたの生き方に本気で向き合います。
経験豊富なアドバイザーに
まずはご相談下さい。

オンライン登録
来社登録