TOUCH THE SECURITY Powered by Security Service G

発信

2019.07.01

Global Azure Bootcamp 2019@Tokyo ――パーソルテクノロジースタッフ岩井のセッション

少し前になりますが、筆者ことパーソルテクノロジースタッフ岩井は、Global Azure Bootcamp 2019@Tokyoに登壇致しました。

Global Azure Bootcamp2019、岩井のセッション

Global Azure Bootcampは、毎年、世界中のAzureコミュニティが世界180ヶ所以上で一斉に介する大きなイベントです。今年は4月27日(土)、GWの初日という絶好のタイミングでの開催となり、日本でも東京、大阪、仙台、札幌の4か所で、様々なセッションやハンズオンが実施されました。

筆者も東京会場のプレゼンターとして参戦、「ExpressRoute構築でハメられた ~無知とは恐ろしきなり~」と題し、Azureの閉域網サービスやExpressRouteを用いた構築で起きた事例などを発表させて頂きました。

会場の日本マイクロソフトさんに到着。早速一枚記念撮影。

どうしても構築に費用や手間のかかるが故に、事例も少ないことからセッションは満員御礼。若干動揺したものの、無事終了できて一安心です。

Global Azure Bootcamp 2019@Tokyo資料【ExpressRoute構築でハメられた】 DaisukeIwai2

色々ひっくるめての振り返りかえり

自分自身、あまり積極的にこういうことをやってこなかったのですが、なぜここに至ってこういう事を?という側面から少し書きます。

筆者は40代になって、ふとこんなことを考えるようになりました。――技術者としての伸びしろは20代、30代にはかなわない。であるならば、私の経験値を彼らに託す(アウトプットする)ことで、皆で生産性を高めていけるのではないか。――

一方、現場の業務ではAzureの案件に関わりだしたこともあり、JAZUG(Azureのユーザーグループ)の勉強会などに参加する中で、「私の経験も正にここでアウトプットすべきなのではないか。更には自分のみならず、後輩たちのアウトプットの有り方を含めて模索できないものか。」そんな思いが駆け巡ったわけです。

そして一念発起。昨年9月のJAZUG 8周年イベントで、遂に登壇デビューと相成りました...。ちなみにその時の様子はこちらの記事でも。
初めてのAzure構築で、契約のトラップに巻き込まれた話 - ログミーTech

この時の振り返りとしては「最初に身構えていたほどの難しさはなかったかな」といった印象。これならいけると自信がついたのと同時に、「書くこと」にも抵抗感がなくなりました。(このサイトでもエンジニアの失敗学というコラムを執筆しています。)

苦手だったドキュメントを書くということ

というのも、元々はこの「書くこと」を苦手項目としており、実際問題、当時勤務していた会社でも「技術力については申し分ないが、とにかくドキュメントを残さない」という評価だったのです。当時の上司は、以下2つが改善できなければ、いずれどこかで失格の烙印を押されてしまうと考え、私に改善の課題を与えておりました。

  • 1. 人に何かを伝え、やらせて全体のクオリティを底上げすること
  • 2. アウトプットを残し、次の世代につなげる体制を作ること

これらを1~2年かけて改善することで、まず最初の段階として仕事で作成するドキュメントへの抵抗感がなくなりました。

ドキュメント書きにしても、何かの発表にしても、まずはいろいろ見てみる、そして自分の手で書くことを勧めたいと思います。できないと言われていた人でも、数を重ねれば少なくともそれなりに形になり、それが自分のオリジナルになっていきます。

記事一覧に戻る