会社を知る

社長メッセージ

世の中のエンジニアがはたらいて、笑っている社会を。
私たちが目指すのは「エンジニアの成長創造インフラ」

代表取締役社長

瀬野尾 裕

エンジニアの成長が、日本を元気にしていく。

2017年1月、テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンスの派遣事業が統合し、「パーソルテクノロジースタッフ」が誕生しました。
昨今、労働市場においてエンジニアのニーズはますます高まっており、テクノロジーの進化や産業構造の変化に対応できる人材がいっそう求められています。だからこそ私たちは、「エンジニアの成長創造インフラ」になるというビジョンを掲げ、外部環境の変化に適応できるエンジニアの創出をしていく必要があると考えています。私自身、長らくエンジニア派遣事業に関わらせて頂いておりますが、エンジニアの成長が顧客企業、ひいては社会全体の成長に繋がっていることを肌で感じてきました。私たちがエンジニアの成長を支援し、その成長を通じて日本全体を元気にしていきたい、そんな想いをいま強く抱いています。

エンジニアに多様な選択肢を提案できる企業へ。

今回、異なる顧客インフラを持つ2社が統合することによって、これまで以上にエンジニアの成長を創造できる環境が整ったと感じています。テンプスタッフ・テクノロジーは様々な領域の事業会社を顧客基盤として持っており、またスキルアップのための研修カリキュラムや設備に定評がありました。一方、インテリジェンスの派遣事業はSIや通信キャリア、大手製造業を中心とした顧客基盤を持ち、上流工程にもチャレンジ出来る案件を多く保有しているのが強みでした。この度の統合によって当社の顧客基盤は量、多様性含めて業界トップクラスとなり、エンジニアの皆さんには今まで以上に多様な選択肢を提案することが可能になります。エンジニアそれぞれが、自らの成長に必要なフィールドを選択できる環境があること、それが当社の魅力の一つだと思っています。

ジョブチェンジを促し、時代に求められる人材に。

テクノロジーが進化することで、求められるエンジニアも変化していきます。そんな中でエンジニアが成長を創造していくためには、時代に応じたスキルを絶えず身につけていくことが重要です。
たとえば、IoTの発展にともない、これまでハードウエアを手がけてきたエンジニアがソフトウエアのスキルも習得し、システム全体を開発できる人材に成長する。あるいは、クラウドサービスの普及にともない、SI側ではなくユーザー企業側で最上流からシステムを企画構築できる人材に成長する。つまり、IT企業とユーザー企業、ソフトウェアとハードウェアといった領域の垣根を越えた経験を求められる時代がきているということです。
すべての領域をカバーする顧客基盤をもち、教育研修を持つ当社だからこそ、こういったジョブチェンジも可能に出来ると確信しています。多様なはたら き方や機会を提供し成長を促していくことでエンジニアに有意義な人生を送ってほしい、そう私たちは考えていますし、それを支援出来る企業でありたいと思っています。

エンジニアのはたらき方そのものを変えていきたい。

そして将来に向けては、エンジニアの労働市場そのものを大きく変えてきたいと考えています。シニアやワーキングマザーなど、労働市場に参入していない人材層へはたらきかけることは当社が果たすべき重要な役割だと思います。いま日本は、少子高齢化による生産人口の減少という大きな社会課題を抱えていますが、当社が率先してエンジニアのはたらき方を多様にしていくことで、そうした問題を解決する力となり、意欲あるエンジニアがもっと輝ける社会に出来ると考えています。