ニュース

NEWS

【調査】中小企業でのフリーランス活用後の満足度は7割超、新たなIT人材の活用手法として期待

2022年02月21日 調査

パーソルテクノロジースタッフ 中小企業でのフリーランス活用調査
活用後の満足度7割超、新たなIT人材の活用手法として期待

スキルや納品トラブルなどの課題も。カギは要件整理と自社に合った人材のアサイン

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:正木 慎二、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、フリーランス人材の活用を検討・実行している中小企業の発注担当者を対象にフリーランス人材活用に関する意識調査を行いました。

主な調査結果

  1. 中小企業がIT人材不足を補うために今後活用したい手段として、フリーランスは第3位。
  2. 74%がフリーランス人材の活用に満足。
    →「コスト削減に貢献した(39.8%)」「全体の生産性向上に貢献した(38.6%)」などの効果を実感 一方、「発注したフリーランスがスキル不足だった」「納期までに成果物が納品されなかった」などの課題を感じた企業は65%を超える。
  3. 一方、「発注したフリーランスがスキル不足だった」「納期までに成果物が納品されなかった」などの課題を感じた企業は65%を超える。
※本調査を引用いただく際は、パーソルテクノロジースタッフ「中小企業におけるIT系フリーランス活用調査」と出展を明記してください。

1.IT人材不足を補うためにフリーランスを活用したい人は28%。新卒・中途採用に次ぐ手段に。

今後IT人材不足を補うために活用したい手段として、フリーランスの活用が新卒・中途採用に続き第3位に。フリーランス人材の活用が、これまでの一般的に考えられた人材派遣や外部ベンダーへの発注とともに検討されていることから、フリーランス活用に対する期待の高さがうかがえます。

また、フリーランスを活用・検討している理由には、「優秀な人材に参画してもらえそう」「一定期間のみ参画できる人材が必要」「入社手続き不要のため契約後すぐに稼働できるから」が上位となり、ほしい人材を必要な時にスピーディに活用できることから、企業がフリーランス活用に前向きになっていると考えられます。

2.フリーランス活用経験企業の7割以上がその成果について満足と回答。
その効果は、業績アップや生産性向上のみならず、プロのノウハウを社内でシェアできたケースも。

フリーランス活用の経験がある企業の約7割が、フリーランスの活用によってコスト削減、生産性向上、売上・業績のアップなどが実現できたことから満足していると回答。また、フリーランス人材からプロのノウハウを知り、社内で共有できたことも満足した点の上位に挙がっています。

3.一方、6割以上が活用時に苦労した点があったと回答。スキルのミスマッチや納品などのトラブルを経験することも。

活用経験者の70%以上が満足する一方で、約66%がフリーランスを活用した際に課題を感じたと回答。「発注したフリーランスがスキル不足だった」「納品物が約束通りに納品されなかった」などが課題の上位に挙がりました。

フリーランス活用、成功のカギは依頼内容の要件定義と適切な人材のアサイン
派遣やアウトソーシング事業で培ったノウハウで
適切なフリーランスをアサイン&サポート―ITアドバイザリーサービス

解説者プロフィール:
パーソルテクノロジースタッフ ITアドバイザリーサービス 責任者 柏谷 飛鳥

今回の調査では、フリーランス活用における満足度が高い一方で、約6割が活用に際して課題を感じたということがわかりました。その原因は、発注前に依頼内容の十分な要件定義と、適切な人材アサインができていなかったことが考えられます。フリーランス活用を成功させるには、依頼したい内容を明確にした上で、適切なスキルを保有するフリーランスを選定し発注することが重要なポイントです。しかし、初めて外部人材・フリーランスを活用する企業においては、これらのノウハウを保有していないことも少なくありません。 当社では、ノウハウをお持ちでなくてもフリーランス人材の活用ができるようにサポートする、ITアドバイザリーサービスを2020年4月からスタートしました。企業のお困りごとに対して専属の営業担当が課題解決のための手段や必要な人材のスキルを明確化し、専属のキャリアアドバイザーが最適な人材をアサインいたします。2021年9月までに本サービスの問い合わせは3割以上増加しており、今後も企業の外部人材活用のニーズはどんどん増えていくと予想しています。適切なフリーランス活用により、優秀なフリーランス人材と、IT活用にお困りの企業をつなぐ架け橋となれるよう、今後も取り組んでまいります。

IT×経営を強みに持つフリーランスを紹介する パーソルテクノロジースタッフのITアドバイザリーサービス
https://persol-tech-s.co.jp/techadviser/

  1. ペーパーレス化やDX化など、中小企業のIT化を推進するためのフリーランス人材をご紹介
  2. ITコーディネータや中小企業診断士などの資格保有者が100名以上登録
  3. 専属キャリアアドバイザーが登録者一人ひとりのスキルをスクリーニング
  4. 派遣やアウトソーシングサービスを通して培ってきたノウハウにより、適切な人材をアサイン

<調査概要>

  • 調査期間:2020年10月15日~10月17日
  • 対象 :関東・東海・関西エリアに在住している20~60代のIT・機電領域エンジニア1000名
  • 調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

パーソルテクノロジースタッフ株式会社について

https://persol-tech-s.co.jp/

パーソルテクノロジースタッフ株式会社は、IT・ものづくりエンジニアの人材派遣サービスを提供しています。テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門の経営統合により、2017年1月よりパーソルテクノロジースタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

「PERSOL(パーソル)」について

https://www.persol-group.co.jp/

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。