契約形態 – パーソルテクノロジースタッフ

契約形態

パーソルテクノロジースタッフでは、お客様のニーズに合わせて、複数の契約形態をご用意しております。

派遣契約

パーソルテクノロジースタッフの社員もしくは、 パーソルテクノロジースタッフに登録いただいた登録スタッフを お客様の元へ派遣し、お客様の指揮命令下で業務に従事する契約形態です。 お客様とパーソルテクノロジースタッフの間で「労働者派遣契約」を締結いたします。


アウトソーシング

お客様に発注いただいた任意の業務について、 パーソルテクノロジースタッフが責任をもって業務の遂行を行う契約形態です。 役務提供型の「業務委託」、成果物納品型の「業務請負」とに分かれます。ご発注いただく業務ごとに報酬額を設定するため、業務遂行のための体制はパーソルテクノロジースタッフが構成します。


有料職業紹介

企業の採用要件に適した人材を、お客様へご紹介する契約形態です。採用決定まで費用が発生しないため、募集広告費の無駄など、採用活動におけるリスクを軽減することができます。 一定期間派遣として契約する紹介予定派遣もあります。


紹介予定派遣

直接雇用を前提として一定期間派遣を行い、 派遣終了後にお客様と派遣スタッフ双方が合意すれば雇用契約を結ぶ契約形態です。 派遣期間中に能力・適性の見極めが可能なため、採用におけるミスマッチを抑制することができます。


お問い合わせ

オンラインからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-450-551

平日 9:00~19:00 土・日・祝を除く